日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

大台ケ原ドライブウェイ

今回のドライブ・ツーリングは、「大台ケ原ドライブウェイ」へ。

岐阜の郡上八幡と高山を結ぶ、「せせらぎ街道」に行くつもりだったが、天気予報が雨の為変更。
早朝に出発する予定だったが、起きたら7:00・・・ 今出たら通勤ラッシュに巻き込まれる。
洗濯などして時間をつぶし、8:30にワークスを発進させる。

久居市から先は、高野龍神スカイラインに行った時に使った県道15号線を走る。
普通なら松坂市から国道166号線を使うのが順当だろうがそうはしない。
県道15号線は国道368号線・伊勢本街道にぶつかり、高野龍神スカイラインの時は右折したが、今回は左折し、そのまま国道166号線を目指す。

ー和歌山街道・伊勢街道ー

道の駅「美杉」を横目に、清流沿いの穏やかなドライブコースか。
と思ったら、[車幅○○m以上、車長○○m以上の車両は通行できません] の看板が!
清流と離れ、松坂市に入る辺りからは、1~1.5車線の九十九折れが始まる。
林道レベルでドライビングを楽しむこともできない。
そう長くはない林道を下り切ったら、あとはのんびりとした山村風景の中を走って飯南町横野で国道166号線・和歌山街道とぶつかる。
それを飯高町方面へ。

すぐに道の駅「茶倉」があり、おしっこタイム。
傍を流れる櫛田川の清流が美しい。
国道422号線と交差してしばらくすると山間となり、緩めのコーナーが続く。
清流沿いの快適ドライブコースだ。
しかし広いな飯高町、どこまで行っても飯高町やな・・・

だんだんコーナーの角度も小さくなり、高見峠ではループ橋が待っている。
360°回っているのかと思っていたが、そうではなかった。
その後の下りもそこそこ楽しめそうなコース設定だったが、コーナーのペイントと前走車の為、ノロノロ走行。

県境を越えると伊勢街道と名前が変わる。
三重県側が和歌山街道で、奈良県側は伊勢街道・・・ なんか変!?
急勾配を下り切ると、再び清流沿いの快適ドライブコースだ。

そして鷲家で国道166号線から県道16号線へ。
国道166号線はここから先、榛原街道と名前を変え、県道16号線がそのまま伊勢街道となる。
道幅はやや狭いが、川沿いをのんびりと走らせる。

東吉野を過ぎ、国栖で案内表示に従い県道262号線へ。
やたら水の色がキレイな吉野川沿いを気分良く走って、国道169号線・東熊野街道へと繋ぐ。

すぐに大滝ダムが現れ、その後も山間&清流沿いで景色のいい区間が続き、適度に曲がった気分のいいドライブコースだ。
清流沿い快適ドライビングを楽しむと、大伯ダムが。
大伯ダムの先は三つのトンネルとループ橋を繋いだ珍しい区間がある。
三つ目のトンネルを抜けると、ほどなく大台ケ原ドライブウェイへの入り口が待っている。

 

大台ケ原ドライブウェイ

大台ケ原ドライブウェイは、奈良県吉野郡上北山村から同郡川上村に至る、延長17.2kmのドライブウェイである。

大台ヶ原ドライブウェイへ入っていくと、すぐに急勾配となり標高をどんどん上げて行く。
道幅は1.5車線平均で、ドライビングを楽しむコースではない。
たまに眼下に見える景色も大したものではなく、ちょっと拍子抜けな感じ・・・
だが中腹辺りまで来るとその印象は一変する。
大台ケ原ドライブウェイ大台ケ原ドライブウェイ
こりゃあいいわ♪

 

 

 

 

 

 

 

生憎、曇っていたために多少色合いが暗い感じだが、それでもキレイ!
平日だというのに、そこそこの車や単車が走っていて、カメラの三脚を立てている人も多い。
仲の良さそうな老夫婦の姿も目に付く。

山頂付近になると尾根伝いの区間も少々有り、左右に視界が広がる場所もある。大台ケ原ドライブウェイ
大台ケ原ドライブウェイ

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂駐車場からは、東大台、西大台と二つの散策道が整備されていて、大自然を満喫できるようだ。
もちろん、あまり軽装備でウロウロは出来ないが・・・
東大台の日出ヶ岳(標高1694m)は大台ケ原で最も高い山で、もちろん歩いて登れる。

この日は風が強く、とにかく寒くて駐車場付近には霧が発生しているぐらいで、お天道さんは顔を見せてくれる気配がない。
上がってくる途中の景色を撮っている時でも、手はかじかんでいたし・・・
大体、朝、家を出る時点で強風が吹いていたぐらいだ。
散策は次回にするとして、ビジターセンター内で自然や文化、歴史を見てから下りていく。

※ 2013/7/28に、”東大台”をハイキングしてきました。 こちらで見て下さい♪ ⇒ 大台ケ原 東大台

山頂付近はこんな感じだった

大台ケ原ドライブウェイ大台ケ原ドライブウェイ

 

 

 

 

 

 

 

すでに落葉してた大台ケ原ドライブウェイ

頂上から少し下った所で、小処温泉へと続く県道226号線があったので行ってみる。
ただ、温泉は閉鎖しているようだ。
当然だが、この区間も紅葉真っ盛り。

大台ケ原ドライブウェイ
道幅は1~1.5車線の林道レベルだが、誰もこんな道走らないだろうから穴場スポットかも・・・

このまま小処温泉経由で国道169号線まで行けるのだが、大台ケ原ドライブウェイを往復せずに帰るのも・・・
というわけで、途中まで行って引き返す。
「しかしキレイやなぁ~」と、のんびり下っていく。
大台ケ原ドライブウェイ

完全2車線の区間はほとんどないし、決して「走り」を楽しむ道ではないが、紀州の山並みを眺めながらのドライブは最高だろう。
紅葉はもう少し早く来ても良かっただろうな・・・

今度来たときは、頂上を散策するゾ

 大台ケ原ドライブウェイの詳細

ー東熊野街道・熊野街道ー

国道169号線へ戻ってからは熊野方面へと向かう。
すぐに新伯母峯トンネルが有り、現在工事中で片側1車線となっている。
トンネル内は路面が酷く、50km/hでノロノロと走らせる。
と、真後ろにピッタリとつける輩が・・・
トンネル出るまで待っとけや!(`^´)

トンネルを出てからは、北山川沿いの適度に曲がった快適ロード。
いつものペースで気分良く走っていると、相変わらずピタッと付いてくるさっきの奴。

僕の好きな走り方のひとつに、一定の速度を維持する というのがある。
コーナーの”R”を問わず、同じ速度で走るのだ。
小さめのコーナーは、コーナリングGで速度を食われるのでシフトダウンしてアクセルオンで・・・
という具合だ。

それにしても後ろの奴、下手ではないな・・・
小さめのコーナーでは離れるが、割とよく付いてきている。
こっちはこれ以上のトップスピードで走る気はないし、抜いていけばいいものを、その気はないらしい。

「カチン!<(`^´)>」 と来たところで、神様は楽しいステージを用意していた。
コースは池原貯水池畔、中低速コーナー主体のワインディングへと突入♪
「フンっ、付いてこんかい!」 ここからは80%全開モード!
みるみる離れていく・・・ のだが、前走車に詰まっている間に追いつかれる。

これでは癪に障るので、ここらはレースモード!!
前走車に追いついてから、追い抜くまで数秒から数十秒!
もちろん、ストレートはほとんどない状況でだ。
一般の人と、レーサーの一瞬の判断力の違いは想像をはるかに超える・・・
多少の無茶はしましたが・・・(-_-;)

完全にぶっちぎったところで、池原ダム手前だ。
ここから国道425号線で尾鷲へと向かうつもり・・・ だったのだが。
お約束の、崩落による通行止め・・・(^_^;)
なんで俺のツーリングは、必ず通行止めに遭遇するんや!? 神様のバカァ

仕方なく国道169号線をそのまま熊野方面へ。
ほどなく七色貯水池、そして北山川に別れを告げ、大又川沿いへとロケーションは変わる。
しかしこの東熊野街道、また来たいと思わせる、走ってて気分のいい楽しい道だった。

五郷町から国道309号線へと乗り換えるが、大又川沿いは変わらない。
と、釣り具や釣り餌の店がちらほら・・・
もう海は近いのか!?
とてもそうは思えない、のどかな山村風景だ。

飛鳥町小阪で国道42号線・熊野街道へ。
相変わらず大又川の清流が傍を流れていて、快適なドライブゾーンとも言える。
トンネルを二つ抜け、ワインディングを下り切れば尾鷲の市街地へ入っていく。

ここまでは思っていた以上に快適なドライブゾーンだったが、以外に海を眺めることは出来ない・・・
せっかくだから美味い魚でも食べて行きたいが、国道沿いは他の町の街並みと変わらない。
港の方まで行けば、美味しい店とか有りそうだが・・・

県道734号線と交わる辺りまでは、夏の海水浴で何度も来ている。
ここから先は見慣れた風景だ。

道の駅 紀伊長島マンボウ に、何か美味い魚はないかと寄ってみたが、これといったものは無かった。
珍しいのでは”まんぼう”や、”うつぼの開き”があったが、値段が高いと思ったので買わなかった。
価値観の問題で、「価格に見合う価値がある」 と判断すれば迷わず買う。
地元で水揚げならもっと安く出来るやろ!

荷坂峠を越えたら、後は山間や清流沿い、山村風景やちょっとした町並みを見ながらの淡々とした走行となる。
割と交通量はある方なのでドライブコースとは言いにくい。
夜中の移動速度はかなり速いが・・・

多気町で帰宅ラッシュにつかまり、
19:00帰宅

走行距離 460km

 

今回のツーリングですっかり紅葉にハマってしまった。
いずれこうなるとは思っていたが、もう携帯のカメラでは満足できそうもないみたいだ。
早速電気屋にカタログをもらいに・・・

関連記事

  1. 富士山スカイライン
  2. 川内峠
  3. 香落渓道路

    2012.10.15

    香落渓道路
  4. 浅間山
  5. 青山高原道路

    2012.10.15

    青山高原道路
  6. 富士山スカイライン

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおこう」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走り」がいのあるコースを設定していたはずが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 671,660 アクセス

最近のコメント

アーカイブ