日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

新穂高温泉 鍋平高原・紅葉

中部の紅葉の名所の一つ、岐阜県高山市「新穂高温泉 鍋平高原」。

前日「白山白川郷ホワイトロード」へ訪れた後、奥飛騨温泉郷 平湯温泉に宿泊。
本日はなんとなく「新穂高ロープウェイ」に乗ってみるか・・・ ワタクシとしては珍しい選択となった次第。

朝飯をしっかりと頂いてから(昨晩のビュッフエの分も!?)出発。
始発には間に合わないが、まぁいいだろう・・・ って、クルマのフロントガラスが凍ってる!
まだ10月でっせ!? 外気温は・・・ 3℃! (-_-;)

 

鍋平高原

鍋平高原は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂、新穂高ロープウェイの中継地点(標高1305m)にある高原だ。

ビジターセンターやかけ流しの温泉露天風呂があり、自然を満喫できる2.3km自然散策路ではブナ、ミズナラ、シラカバなどが生い茂る自然豊かな散策路を楽しめる。

新穂高温泉駅(標高1,117m)~鍋平高原駅(標高1,305m)までの第一ロープウェイ。
しらかば平駅(標高1,308m)~西穂高口駅(標高2,156m)までの第二ロープウェイがある。
新穂高ロープウェイ 公式サイト

 

まずは、西穂高口駅(標高2,156m)まで一気に行ってみる。
だが、今は10月下旬、さすがに標高2,000mは落葉していて紅葉を楽しめる雰囲気ではない。
そんなことは百も承知であったが・・・

その代わり、コレ以上ないってぐらいの晴天! 秋晴れってやつ!!
せっかくなので、西穂高口駅(標高2,156m)からの景色をちょっとだけ紹介しよう ♪

西穂高口駅・屋上展望台

 

 

 

 

 

 

 

東~北にかけての展望、真ん中に写ってるのがそれぞれ西穂高岳(2,909m)、槍ヶ岳(3,180m)。
さらには笠ヶ岳や、遠くに白山連峰、乗鞍岳や焼岳などの山々が360度の大パノラマでご覧いただけま~す ♪

いやぁ~、スゴイなここ・・・ すっかり気に入ってしまったゾ ♡
ここからの眺望は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にて2つ星で紹介されている。
※ 新穂高ロープウェイについては、いずれまた別ページで紹介する・・・ つもり!?

ただし、気温は3℃。
家を出るとき、姪っ子に「ダウンジャケットなんか持ってどこ行くと?」とか言われたが、正解だった ♡

 

さて本題へ
しらかば平駅付近

 

 

 

 

 

 

 

標高1,300m付近はまだまだ見頃な感じ ♪
樹々によっては落葉が進んでいるものもあるが、それはそれで雰囲気を盛り上げている!?

普段は・・・

人工物を入れたくないワタクシだが、洒落た駅と冠雪した山々・・・ コレはこれで画になるもんだ ♡
そもそも冠雪した山と紅葉を一緒に拝めるなんて、3,000m級の山脈が当たり前にあるこの地方ならでは ♪

 

遊歩道を歩けば・・・

モミジやカエデの赤、オレンジ、ブナやミズナラの黄色がこれでもか!と目に飛び込んでくる・・・
ず~っとキョロキョロしながら歩くしかなく、足元に一億円が落ちていても気づかないだろう。

白樺林や元スキー場だった草原が広がり、約2.3kmの自然散策路があって、冬にはスノーシュートレッキングを楽しめる。

いいね~秋は・・・

 

 

 

 

 

 

 

9月下旬頃には山頂駅周辺が色づき、徐々に麓に向かって色づいてくる。
真っ青な空に初雪を被った北アルプス、そして紅葉と、トリコロールカラー!?の景色が素晴らしい。

温泉や売店、レストランもあるのでゆっくり一日掛けて楽しむのもいいだろう。

 

新穂高温泉

 

 

 

 

 

 

 

新穂高温泉駅(標高1,117m)から少し下りてきてもご覧の通り ♪
付近は秋色に染まっていた ♡

この辺りはどこを走っていても紅葉(黄葉)を楽しめるゾ ♡

関連記事

  1. 2021.11.16

    深山峡・紅葉

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおく」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走りがい」のあるコースを設定していたのだが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&走りがいある道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるのかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m
yoshiboh125

ブログ統計情報

  • 2,684,182 アクセス

最近のコメント

アーカイブ

さあ出掛けよう!