日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

戸隠バードライン

今回のドライブ・ツーリングは、「戸隠バードライン」へ。

長野県松本市より更に100km以上先なので23:00に出発し、信州方面いつものルート、中央自動車道・中津川ICで降り、国道19号線・木曽路をひた走る。
中津川市から塩尻市まで約110km程。
平均時速50km/hなら2時間強だが、信号停止やらトラック群のことを考えれば、平均時速40km/hで3時間弱というところか・・・

ところが!
中津川市街を抜けてから塩尻市街まで、なんと! 信号停止は1回だけ!!
途中は市街地らしい市街地は無いし、おそらく夜中用の制御にはなっているのだろうが、それにしても・・・
おかげで約1時間半程で塩尻市へ。

ー西街道ー

松本市街を抜けるまでは市街地区間だが、夜中ということでさほど時間は喰わなかった。
松本から先は初めて走るので、夜が明けてから走りたかったのだが・・・
信号も少なく基本的には川沿いのようで、ダムっぽい湖畔の感じや田園っぽい感じ、さらに山間を走る、日中ならそこそこ楽しめそうなドライブコースであろうが、周りはまだ真っ暗。

長野市までの約100kmはそれなりの時間を掛けて到達。
ここら辺で夜が明けてきた。
長野市内には「善光寺」という有名なお寺があるのだが、さすがに時間が早すぎる。
素通りして、浅川ループラインに入る手前でコンビニへ。

朝方4:30頃だというのに車が4~5台止まっている。
隣に止まっている車を見たら、運転席でおネーちゃんが寝ていた。
何気に中をチラッと覗くと、なんと! おネーちゃんのスカートは捲り上がっていてパ、パンツが!!
今日はいいことありそう♪

 

浅川ループライン

浅川ループラインは、長野市浅川東条交差点から長野市富田・飯綱高原スキー場前に至る、延長?kmのドライブロードである。

浅川ループラインに入ると、いきなりループ橋が!
浅川ループライン
浅川ループライン (5)_1024

 

 

 

 

 

 

 

だからループラインか・・・
県道506号線~長野市門沢からは404号線となる。
普通、ループ橋は一方向にぐるっと回るのだが、ここではまず右へ1回転半・540°ループした後、左へ半回転・180°曲がるという珍しい作りとなっている。トンネルを二つ抜けた後にも270°ループする所があるが、これは”橋”の部分は少しだけなので厳密には”ループ橋”ではないだろう。

その後は、低速~中速コーナーを中心とした楽しいワインディングとなるのだが、ずっと山村地帯を縫っていくといった感じ。民家は傍にあるし、りんごの直売所が点在している。
とてもここで走りを楽しむという雰囲気ではない、妙なワインディングだ。

もう一度県道506号線と交差し、506号線へと進めば戸隠バードラインだ。

 

戸隠バードライン

戸隠バードラインは、元々は長野県長野市上松~同市戸隠に至る、延長17kmの有料道路だった。
だが、地すべり災害により上松から地附山を登る区間が流出し不通となり、そのまま廃道となる。
そして、長野オリンピックに合わせて開通させたのが浅川ループラインらしい。

・・・というのは、帰ってきてから知ったのだが、どうせなら旧区間の走れる部分は走っておきたかった(-_-;)
その区間には、大峰山(公園)や大座法師池などがある。

とはつゆ知らず、現区間を走り出してすぐに別荘地のようなエリアが・・・
小学校もあるようだし、一つの町(村)なのか?
周りは白樺もたくさんある林だという、小洒落た町だ。
先へ進むが、コーナーらしいコーナーはほとんど無いと言っていい高原道路だ。
戸隠バードライン
戸隠バードライン

 

 

 

 

 

 

 

林の中を走る林間道路で、新緑がとてもキレイ。
勾配はキツくなく、緩やかなアップダウンがあるだけだ。
戸隠バードライン
戸隠バードライン

 

 

 

 

 

 

 

最高に清々しい! だが視界が広がることはなく、春や秋に葉っぱを観ながら走る癒しコースか!?
視界が開けた! と思ったら戸隠バードラインは終わり。
戸隠バードライン

戸隠からは県道36号線となり、野尻湖近くの国道18号線まで続く。

 

県道36号線に入ってすぐ、戸隠神社の一つ「宝光社」があるのだが、その手前の道を鏡湖に向かって進む。
鏡湖
鏡湖
鏡湖鏡湖

 

 

 

 

 

 

早朝のため無風、凪状態!正に「鏡湖」!
秋の紅葉だと恐ろしくキレイなのだろうな・・・ 絶対に来たい!
鏡湖
鏡湖


 

 

 

 

 

 

入って来た道を一旦戻り、五社を配する戸隠神社の一つ 宝光社へ。
戸隠神社の詳しいことについてはWikiってもらうとして、杉の古木の中、270余段の石段を登った先にある。
戸隠神社 宝光社宝光社

その次は、火之御子社・・・ だが、いつの間にか通り過ぎてしまったらしい。

何の表示も無かったぞ!
そのまま先へ進み 中社
戸隠神社 中社

800歳を超えた 三本杉三本杉

そして、奥社と九頭龍社なのだが、その前に戸隠森林植物園に立ち寄る。
園内は広く、1~2時間で見て回れるほどの規模ではない。
長野県道36号線
野鳥や花など、写真を撮りながらのんびり歩くなら半日は必要だろう。
っていうか、一日中いても飽きなさそう・・・
白い花
赤い花

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく!? 1時間程度の探索で後ろ髪を引かれながら後にする。
奥社と九頭龍社の参道入り口はすぐそこなのだが、2km以上歩かなければならない。
参拝目的で来たわけではないし、まあいいか・・・

 

ー長野県道36号線ー

そしてそのまま県道36号線を信濃町 野尻湖方面へ。
長野県道36号線
菜の花まだ菜の花が!

 

 

 

 

 

 

そういえば、飯山市~野沢温泉の方には凄い菜の花畑があるようだ。
来年春には行ってみよう♪
県道36号線
・・・うーん、こっちの方がよっぽど”バードライン”って感じだな。
時折狭い区間も出現するが、基本は2車線で走りやすい道。
長野県道36号線
適度に曲がりくねった上、視界が開けるポイントもある。
長野県道36号線

 

 

 

 

 

 

 

国道18号線へ出て、上信越自動車道 信濃町IC付近でガソリン補給。
この辺りから観る、黒姫山~山麓の景色も素晴らしかったのだが写真撮りそこなった・・・

実は、今日は昼から雨になるという予報だったので、この付近にある野尻湖や斑尾高原、妙高高原などを周って、雨が降り出したら帰路に着くという予定だった。
ここで天気予報を再確認してみると、天気は持ちそうなので、別の所へ行くとする♪

県道36号線を戸隠まで戻る。
長野県道36号線
相変わらず、火之御子社の場所は分からなかった・・・

戸隠と言えば、
島根県「出雲そば」、岩手県「わんこそば」と並ぶ、日本三大蕎麦の一つ、「戸隠そば」がある。

事前に有名店をチェックしていたのだが、開店時間にはまだ間がある(ほとんどの店は10:30開店)
待ちきれずに、10:00開店の店に飛び込んだ。
普通に美味しかったのだが、なんか違うような気がして・・・ う~ん(-_-;)

腹ごしらえの後は、県道36号線を国道406号線方面に向かう・・・ はずが工事で通行止め!
本当に僕のツーリングは通行止めによるルート変更が多い!!
仕方なく、県道76~86号線でかなり遠回りしながら国道406号線へ。

しかし、国道の400番台というのはどこも良く似た感じで、狭いし路面は荒れてるし、民家の間を私道のように通ってるし・・・
山道に入って標高を上げていくが、相変わらず狭くて荒れている。
くねくねとした九十九折れを延々と走って峠のトンネルを抜けると、いきなり視界が広がる。
国道406号線
国道406号線

 

 

 

 

 

 

 

前方には、白馬三山が眺望できる筈なのだが、生憎の雲・・・
そのまま国道148号線に合流して南下していく。

 

黒部ダム

青木湖~木崎湖畔を通って、大町市から県道45号線へ。
籠川沿いの割と勾配のきつい道だが、そりゃそうだ、そもそも黒部ダム自体が標高1448mにあるわけだし。

扇沢からはトロリーバスを利用するしかないが、片道約6kmで往復¥2500!
ここは関西電力が元締めのはず。
ならば、電力なんて「タダ」同然(厳密に言えばコストはかかっているが・・・)
バス代だけでもボロ儲けやな・・・

黒部ダムに着いてもまだトンネルの中。
経路は二つあり、展望台へ向かうには220段の階段を登らなければならない・・・
が、地上!?に出てからの展望は唖然とする!

福島県「奥只見ダム」、岐阜県「御母衣ダム」と並ぶ日本三大ダムの一つである「黒部ダム
黒部ダム
黒部ダムダムはデカイし

 

 

 

 

 

 

周囲の景勝に
黒部ダム
谷の深さ!黒部ダム

 

 

 

 

 

 

皆、写真では見たことがあると思うが、実景はスケールが違う!
高さは186mで、もちろん日本一!
黒部ダム
えん堤から下を覗きこむが、実感が湧かん!
黒部ダムこんなの写真で表現できない・・・

 

 

 

 

 

 

周囲は3000m級の立山連峰が取り囲み、すぐ傍にそびえ立つのは、
静岡県「富士山」、石川県「白山」と並ぶ、日本三大霊山の一つ「立山」だ。
この時期でも、しっかりと残雪が
黒部ダム
立山
スケールが違う!

 

 

 

 

 

 

神秘的・・・
黒部ダム
黒部ダム

 

 

 

 

 

 

 

今回は、黒部ダムだけの観光だったが、ここからさらにケーブルカー、ロープウェイ、再びトロリーバスを乗り継ぎ、立山の標高2450m「室堂」までアクセスすることが出来、一日中遊ぶことができる。
遊覧船もあるゾ。
いずれまた、改めて訪れたいと思う。

県道45号線を下り切った辺りの大町温泉で疲れを癒し、軽く一杯引っ掛けて一眠りしてから帰路に着く予定だったが、まだ時刻は15:30頃。
「17:00以降の帰宅ラッシュの前に松本市街を抜けてしまおう」 これが悪魔の囁きだった・・・

 

ー千国街道(糸魚川街道)ー

国道148から147号線を松本市に向かってのんびり走る。
いやあ、しかし長野県はどこに行っても素晴らしい景色を魅せてくれる。
いっそのこと、長野県に住みたいぐらい♪
長野最高!!

安曇野市に入り、土産に山葵でも買って帰ろうかと店を物色しながら走っていると、突然笛を吹きながらお巡りが飛び出す!
「くそったれが!」 すぐに分かった、シートベルトの取り締まりだ。
場所は、安曇野警察署 穂高交番前。
どう考えても、県外ナンバーを狙った犯行!?としか思えない。
地元の者が、交番前で捕まるわけがないし、しかも時刻は16:00を回っている。
普通はこんな時間に取り締まりなどやらないし、暇つぶしにやっているとしか思えない。

さっきまで最高の気分だったのが、一気にムカつきモードへ。
渡された違反切符を目の前でくしゃくしゃにしてゴミ入れへ。
「シートベルトして下さいね」 ・・・無視して、さっさと走り出す。

そして30分後。
長野県警本部前で、突然笛を吹きながらお巡りが飛び出す!
「さっきの若僧、連絡しやがったな<`ヘ´>」

「三枚目も貰うたろやないけ!」
シートベルトをせずに塩尻市に向かうが、無事!?通過。
かくして、30分の間に二枚の違反切符を渡され、素晴らしいツーリングに幕を落とされたわけだ。
長野最低!!

憮然としながら、
22:00帰宅

走行距離830km

 

夜明け時に、おネーちゃんのパンツを見て感じた「今日はいいことありそう♪」
・・・の予感は当たっていた(-_-;)

関連記事

  1. 霧ヶ峰 富士見台
  2. 美ヶ原スカイライン
  3. 鳳来寺山パークウェイ
  4. 白山スーパー林道
  5. 保津峡展望台

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおこう」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走り」がいのあるコースを設定していたはずが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 802,067 アクセス

アーカイブ