日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

茶臼山高原道路

茶臼山高原道路

茶臼山高原道路(ちゃうすやまこうげんどうろ)は、愛知県北設楽郡豊根村(茶臼山IC)を起点とし、設楽町(西納庫IC)を終点とする、延長14.2kmの元観光有料道路である。
2008年4月13日に全線にわたって無料開放され、茶臼山高原道路の名称は、愛称として引き続き使われている。

概要

愛知県道507号茶臼山高原設楽線の一般有料道路として整備され、愛知県道路公社が管理していた。
愛知県の最高峰付近を通る道路で、茶臼山高原へ行くための観光道路の色合いが非常に強かったが、無料開放後は生活道路としての側面も強くなってきている。
この茶臼山高原は天竜奥三河国定公園の一部であり、茶臼山高原スキー場(冬)・天空の花回廊芝桜の丘(春)などがある。

茶臼山高原道路上り始めは急勾配が続き、今のところは路面状況も良く、低速~高速コーナー入り混じりで「走り」を楽しめるコースでもある。
だが路面を見る限り「走り屋」たちが暴れているようなので、今後は予断を許さないかもしれない。

標高を上げるまでは、森林の間を走り抜ける感じで、展望が開ける区間はほとんど無い。

茶臼山高原道路一旦標高を上げてしまえば緩やかなアップダウンとなり、展望も広がってくる。

 

 

 

折元インターで折元峠を通過していくと、
この最後の区間がやはり一番景色はよく、この道路のメイン区間というところ。
茶臼山高原道路沿道には「やまなみ展望台」や「萩太郎展望台」がある。

ただ、全体的な印象ではそれほど展望の良いコースとは言えないと思える。

 

茶臼山高原道路

 

紅葉に関しては、沿道でもそこそこ楽しめるようで、沿線にある面ノ木ビジターセンター、面ノ木園地では大自然の中を散策でき、紅葉を楽しんだり、雄大な景色も眺望することができる。
冬には霧氷も拝めるようだ。

 

 

春の新緑や、秋には紅葉を楽しみながらのドライブができそうだが、絶景を堪能できるコースではなく、やはり茶臼山高原へのアクセス道という色合いの方が強いようだ。

だが、茶臼山や付近の高原からは雄大な景色も眺望でき、沿線の施設では手付かずの自然を満喫できる。
茶臼山高原は愛知県で唯一のスキー場でもある。

豊根村観光協会

住所・地図

愛知県北設楽郡豊根村~設楽町

利用案内
特記事項は無し

沿道情報

道の駅 「アグリステーションなぐら」
アグリステーションなぐら アグリステーションなぐら

面の木ビジターセンター             面ノ木園地
面の木ビジターセンター  面の木ビジターセンター

道の駅 つぐ高原グリーンパーク
つぐ高原グリーンパーク  つぐ高原グリーンパーク

茶臼山高原 天竜奥三河国定公園
茶臼山高原  茶臼山高原

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおこう」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走り」がいのあるコースを設定していたはずが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 671,660 アクセス

最近のコメント

アーカイブ