日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

香落渓道路

今回のドライブ・ツーリングは、「香落渓道路」へ。

先日修理に出した我が愛車を引き取りに行く。
車屋は亀山市やし、ついでにそのまま名阪国道に乗って名張でも行くか・・・
と、急遽名張市の香落渓に行くことにした。
ついでに、ぐるっと走って青山高原にも行ってこよう。

昼頃に車を受け取り、まずは名阪国道を使って五月橋ICで降りる。
少し国道25号線を走ってから県道80号線へ進路を変え、ちょっとした山間を走った後、名張川沿いへ。
キレイな清流を横目にちょっとしたドライブコース。

名張駅の傍を通った後、県道81号線で青蓮寺湖へ。
青蓮寺湖畔には公園やテニスコートが整備され、さらにはイチゴ狩りやぶどう狩りも楽しめる。
湖畔は適度なワインディングでドライビングを楽しむ事もできる。
周囲を一周することもできるが、今回はそのまま弁天橋を渡って香落渓へ。

 

香落渓道路

香落渓道路は、三重県名張市中知山・青蓮寺湖から奈良県宇陀郡曽爾村今井を結ぶ、延長約12.1kmのドライブロードである。

・・・いつの間にか香落渓に突入していたようだ。
香落渓道路

切り立った柱状節理の岩肌を眺めながらのドライブ。
見上げれば「お~!」というような風景にも出会える。
香落渓道路

 

 

 

 

 

 

 

 

道路状況は悪くなく、適度なワインディングロードだが、時折1車線区間や酷道区間が現れる。
キレイな清流(渓谷なのだが渓流というほどでもない)沿いの爽やかなドライブコースではあるが、それほどの景勝地という印象ではなかった。
香落渓道路

時期が悪かったのかもしれない。
新緑や紅葉の時期だと、また違った印象になるのだろう。
基本、ここは紅葉で有名なスポットであるし、あと1ヶ月もすれば絶景が待っているはず・・・

香落渓道路の詳細

香落渓を過ぎると、「曽爾高原まで8km」の案内標識が出てきた。
近いじゃん、ついでに寄ってこ♪

そのまま県道81号線を南下し、標識に従い曽爾高原へ。

 

曽爾高原

倶留尊山(標高1038m)と亀山(標高849m)の西斜面から麓に広がる高原で、春になると山焼きが行われ、
秋には「お亀池」という湿地帯を除いて一面がススキに覆われる。

1.5車線平均の急勾配を上っていくと、平日だというのに前走車が3~4台走っている。
さらに、駐車場に入る車が列を作っている・・・ まぁ、今日は周辺を散策するつもりはないのだが写真だけは撮って帰りたい。
※ちなみに駐車場のさらに奥には「曽爾青少年自然の家」があって駐車場も完備されているが、当然曽爾高原を訪れる観光客のためではない。
施設の利用者のみを対象とした駐車場なので安易な気持ちで駐車しないようにしていただきたいm(_ _)m

せっかくの景色なのだが、けっこう人が多くて写真を数枚撮っただけで退散 (-_-)
曽爾高原

だが、帰ってから調べてみると、散策すればこんな景色が拝めたのだ・・・
曽爾高原

 

 

 

 

 

 

 

う~む、巷ではワリと有名な景勝地だったようだ・・・ ぜひ、またのんびりと訪れてみたいもんだ。
お年寄り夫婦が仲良く歩いている光景を多く目にした。
いいもんだな・・・(^O^)

→ ◊青山高原道路へ続く◊

関連記事

  1. 2017.11.14

    耶馬渓街道
  2. 白山スーパー林道
  3. 高野龍神スカイライン
  4. 展海峰・夕日
  5. 生月島サンセットウェイ
  1. 匿名 2018.12.09 3:12am

    自然の家駐車場は自然の家利用者専用の駐車場です。自然の家に関係のない方の進入及び駐車は禁止です。また、自然の家駐車場含め自然の家敷地内は青少年への教育的観点から全面禁煙となっています。
    勝手な解釈はやめてください。
    上記事由により、
    記事の削除またな記事の訂正をお願いします

    • yoshiboh125 2018.12.09 9:05pm

      berr.to.bear様、ご指摘ありがとうございました。
      勝手な解釈云々はともかく、記事を読み返すと確かに自然の家の駐車場に停めてしまったようです。
      詳しい経緯はもはや覚えていませんが、ちょっと軽率な行動でした。
      私の記事のせいで施設関係者の方々にはご迷惑をかけたかもしれないので、記事の一部を削除し、読んだ人が私と同じ行動をとらないよう注意書きを書いておきます。
      他にも何かありましたら、どんどん仰ってください。
      今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおく」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走りがい」のあるコースを設定していたのだが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&走りがいある道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるのかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m
yoshiboh

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 1,524,625 アクセス

最近のコメント

アーカイブ

さあ出掛けよう!