日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

桜島溶岩道路&展望道路

今回のドライブ・ツーリングは、「桜島溶岩道路&展望道路」へ。

昨日の ー佐多岬ロードパークー からの続きである。

早朝5:15頃に民宿を出発し、暖かい缶コーヒーを買って10分で佐多岬へ到着。
せっかく日本本土最南端にいるのだから、夜明けぐらいは拝んでいきたいものだ♪
朝ご飯はいらない代わりに、おにぎりをつくってもらって・・・

少しづつ明るくなってはいるが・・・ 厚い雲に覆われとるやないかい!
先客は一人だけ・・・ 大分ナンバーのクルマ(モノズキナヤツヤナァ!?)

雲の動きは相当早いが、今すぐ晴れそうな見込みは・・・ なさそう (-_-;)
佐多岬展望台、もしくは遊歩道の途中からだと、枇榔島と絡めた日の出が拝めそうなのだが・・・
この天候だとそれも期待できそうにないので、駐車場でしばし待機。

すっかり明るくなってきたので、一応カメラと三脚を準備して画になりそうな場所を探す・・・

とても朝日が昇りそうな気配ではない・・・ おまけに風が強くて寒いし (-_-;)
日の出はとっくに過ぎている時間だが、それでもしばらく粘ってみる・・・

と、雲の隙間から光芒が!

 

 

 

 

 

 

 

あ~、いい! 待ってみた甲斐があったってもんだ♪
雲の隙間から差し込む光芒なんて、狙って観れるものでもないし♡

ちょっと満足♪ ん!? カメラの絞り値がf4のまま!? ってことに今さら気付いたが、時すでに遅し (-_-;)
帰ってきてから写真を見てみると・・・ やっぱり光芒はちょっとボヤケてた (T_T)
せっかくの日本本土最南端でやらかした~ (^_^;)

 

佐多岬ロードパークを戻り、県道68号線を左折して大隅半島西海岸線を走る。
ずっと海岸線を走れるわけではないが、「ふれあいパーク佐多」付近では海景も拝める。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この辺りから「日本本土最北端の宗谷岬まで2700km」の表示があったゾ。
直線距離だと2000kmも無いはずなので、実際にクルマで移動した場合の走行距離なのかな?
平均時速100km/hでも丸一日以上掛かるのか・・・ この方が現実味があってイイかも!?

南大隅町佐多伊座敷からは国道269号線で北上していく。
右には新録の山肌を眺めつつ、

左手には・・・

 

 

 

 

 

 

 

薄っすらと観えている開聞岳だが・・・ 写真で分かるかなぁ~!?
天候次第では、対岸の薩摩半島と開聞岳が遠望できるのだが、あいにくの空模様・・・

そして右手の新緑はいつの間にか

霧に覆われていた・・・
昨日の夕方はバッチリ晴れてたのになぁ~ (-_-;)

「パノラマパーク西原台」の案内表示を見つけ、寄り道を・・・ でもこの天候だと行くだけ無駄かな。
一旦向かってはみたものの、途中で引き返す。

 

そして「雄川の滝」へ
根占の町から国道を離れるが、案内表示とグーグルマップに翻弄され、遠回りしながらもなんとか辿り着く。
さらに遊歩道を歩くこと1200m ! 4ケタはヤメて4ケタは (T_T)

今日の分の体力をここで使い果たさなければいいが・・・

 

 

 

 

 

 

 

新緑の時期だし、被写体を探しながらチマチマ歩いてたら距離はちっとも気にならない♪
柱状節理っぽい山肌は鮮やかな緑に覆われ、流れる川の水はとってもキレイ!

新緑(紅葉もだが)と渓谷って、画になるなぁ~♡

 

 

 

 

 

 

 

向こうに見えているのは「雄川の滝」っぽいが、まだ半分程度しか歩いてないの!?
とはいえ、キョロキョロしながら、時に立ち止まりつつ歩いているので、やっぱり距離は気にならない♪

沿道は緑がいっぱい♪

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ネットで情報を見てたら、「現在、雄川の滝の上流にある発電施設改修工事のため、上流の堰が解放され天然の水量がそのまま滝壺に流れ落ちています。そのため、水面の色はエメラルドグリーンには見えませんが、迫力は増しています。堰が解放されている期間は2019年6月5日までの予定ですので、天然の水量で迫力のある滝をお好みの方はこの期間にぜひご覧ください」
・・・というわけで、ネット上に載っているようなエメラルドグリーンの景色は期待できないらしい・・・

そしていよいよ「雄川の滝展望所

 

 

 

 

 

 

 

滝壺の周りの柱状節理が連なる岩肌では、アチコチから伏流水が流れ出ているのも珍しい!?
この辺りの水面ががイチバン美しく観えるハズなのだが・・・
せっかく来たのに残念だが、しょうがない。水量が多いのは前もって分かってて訪れたわけだし・・・
ちなみに、エメラルドグリーンの滝壺を見ようと思ったらけっこう条件が限られるらしい。

展望台で写真を撮っていると、老夫婦がやって来た。
滝をバックにお互いの写真を1~2枚撮ったらサッサと引き上げていった (・・;)
滞在時間、ほんの数分・・・

滝の上流から滝壺を見下ろせる展望台もあるのだが、この状況でわざわざ行ってもしゃぁあんめい・・・

 

国道269号線に戻り北上、お次は神ノ川にある「神川大滝公園」へ。
北上しながら錦江町で最初に現れた案内表示が「神川大滝公園(吊り橋)」 で、そのまま案内通りに進む。

まぁ、順序的には公園内でイチバン最後に訪れるような場所っぽいが。
園内には遊歩道が張り巡らされているようだし・・・

吊り橋からは大滝を俯瞰できる。

 

 

 

 

 

 

 

あれ!? ここも水量が少なかったらキレイなエメラルドグリーンの滝壺が観れそうな雰囲気があるな・・・
柱状節理が連なる岩肌のアチコチから伏流水が流れ出ているのも一緒だし。

滝壺の下流からの景色も当然観たいのだが、いずれまた「雄川の滝」へは再訪することになりそうなので、神川大滝公園もその時一緒に再訪ってことで♪
やや下流には小滝もあるゾ。

 

国道269号線に戻り北上。
と、道沿いの民家の屋根に動くものが!

何やってんだ!? あのお猿さんは・・・
そういえば、山道でも数頭のお猿さんを見かけたが、エサが無くて下りてきてんのかな!?

 

かのやばら園」付近で進路を変え、県道68号線で海沿いへ。
バラもなぁ~、今が見頃なんだがなぁ~ ちょっと後ろ髪を引かれつつ・・・

荒平天神

 

 

 

 

 

 

 

海に突き出た島のような岩山上(天神島)に神社が建立されていて、砂州によって繋がっている。
その白い砂州とエメラルドグリーン、そして赤い鳥居とお社の周りを覆う緑のコントラストがバツグン!
・・・って、青空だったらもっと良かったのにぃ~

本来の名は「菅原神社」といい、あの学問の神様・菅原道真が祀られている天神。
へぇ~、「菅原道真」といえば「太宰府天満宮」なんだろうが、ここはまんま「菅原神社」なんやな。
なんか、こっちが本家っぽいな・・・

宮司がいない小さな神社なので、お守りや御朱印も無い。

 

 

 

 

 

 

 

大潮の満潮時には砂州が海の中に隠れてしまい、厳島神社の鳥居と同じようなまた違う絶景が!
が、当然その時はお参りができないわけだが・・・

 

県道68号線を北上したら国道220号線と合流し、そのまま国道を進んで垂水市内で県道71号線に進路を変える。
猿ヶ城渓谷」へと向かう予定でもあったのだが、渓谷を散策するとなると1時間やそこらでは終わるまい。
ここも次回に・・・

高峠つつじヶ丘公園」へ

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら”満開”ではなかったが、満開時の景色は十分予測できる素晴らしい所だった。
標高550メートルにある公園で、自生する「サタツツジ」が春になると山全体を赤やピンクに染める。
公園の丘の頂上には展望所があり、360度のパノラマが楽しめ、北には霧島連山、東に志布志湾、南に高隈の山々が続き、眼下には錦江湾と桜島、薩摩半島が見渡せる。

そういえば、上っていく途中には「垂水千本イチョウ園」があったな・・・

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ~、ここメッチャ気になる・・・
今は新緑で周りの木々に紛れて普通の山景色でしかないが、秋は絶対に絶景が広がっとるに決まっとる!
これは是非、黄葉の時期に訪れてみたい!!

園内に1200本以上のイチョウが植えられ、シーズンを迎えると辺り一面は黄金色に染まる。
園主が奥様と二人三脚で荒れ果てた山を開墾され、30年以上の歳月を掛けて作り上げた黄金の楽園!

国道に戻りさらに北上、桜島が大きく観えてきたゾ♪

 

 

 

 

 

 

 

思ってた以上にデカイな・・・ 桜島 (・・;)
まぁ、日本でもイチバン活発な活火山だし、標高も1000m以上あるんだからそれ相応に大きいわな・・・

突き当たったT字路を左折すれば国道224号線・桜島溶岩道路だ。

 

桜島溶岩道路

桜島溶岩道路は、鹿児島県垂水市・国道220号線との交点から鹿児島市桜島港に至る、延長約13.5kmの国道224号線の通称である。

約2万6000年前に誕生した桜島は、高さ1117m、周囲約52kmで、北岳・南岳の2つの主峰から成る複合火山。
以前はその名の通り島だったが、大正3年(1914)の大正噴火で流れた溶岩によって海峡が埋められ、大隅半島と地続きとなった。

元々溶岩原だった場所に敷かれた道路。

 

 

 

 

 

 

 

沿道沿いにはゴツゴツした溶岩と松の木・・・
足元には黒い土!?しかないが、もちろんこれは火山灰なんだろう。
いやぁ~、ほんのチョット走っただけで異次元の世界って感じが・・・ 漂っとります。

有村溶岩展望所」へ寄ってみる。

 

 

 

 

 

 

 

南岳の麓、有村地区の大正溶岩原に作られた展望所で、全長約1kmの遊歩道が整備されている。
ここからは円錐型の桜島を拝め、2つの山が並ぶ複合火山・桜島は見る場所によって全くその姿が変わるのだ。

桜島南岳の火口に最も近い所ににある展望所でもある。

 

 

 

 

 

 

 

錦江湾も一望でき、天気が良ければ開聞岳まで望むことができる。
ただ、規模としては「浅間山の鬼押出し園」の方がスケールがデカかったような気も・・・
まぁ、向こうは標高も2568mだし、火山としてのスケールが一枚上!?
そして、溶岩原に転がっている溶岩の質が浅間山とはちょっと違うな~ って感じたのはオレだけ!?
浅間山の方が黒くてゴツゴツしていたような気がする。
あらためて見比べると・・・ やっぱりそうやな。 オレの記憶も満更じゃない♪

→ ー鬼押ハイウェイ

ここから先は海を眺めたり町中に入ったりしながら、時折桜島を眺めつつ進んでいく。
川のような所を橋で渡りながら、すぐそばに展望台のようなものを見つけて立ち寄るが・・・
展望台は工事中で立ち入り禁止であった。

桜島赤水町で一旦国道から離れ・・・
北岳・中岳・南岳を正面から観られる「赤水展望広場

 

 

 

 

 

 

 

インパクトのあるモニュメント「叫びの肖像」などがあり、桜島の溶岩でできているモニュメントのモチーフになっているのは、鹿児島出身の長渕 剛。
2004年8月21日、長渕剛が桜島でオールナイトライブを行った。桜島の人口6000人に対し、集まった観客の数は7万5000人!という伝説のライブだ。
そのコンサート会場の跡地を整備して作られたのが、ここ赤水展望広場。
あらあら、いつの間にか頂上付近は雲に覆われてしまったが・・・ 錦江湾を挟んで鹿児島市街も遠望できる。

そのまま先へ進むと「烏島展望所

 

 

 

 

 

 

 

大正溶岩原の高台にある展望所で、ここはもともと海の上に浮かぶ島だった場所。
しかし、大正噴火の溶岩は海を埋め立てながら進み、沖合約500mにあったここ烏島を飲み込んでしまった。
あ~、こうやって観ると、桜島の場合はほぼ全周に渡って溶岩原が広がるが、「浅間山の鬼押出し園」の場合は一方向だけの溶岩原。
ということは、スケールで言ったらこっちの方が断然上じゃん!

桜島フェリー発着所まで来ると国道224号線・桜島溶岩道路は終わり。
このまま県道26号線にて桜島を一周してもいいのだが、その前に走っておかねばならぬ道がある。

赤水展望広場よりも少し先まで戻って・・・ 湯之平展望所へ向かう。

 

桜島展望道路

桜島展望道路は、鹿児島県鹿児島市桜島赤水町から桜島赤生原町に至る、延長約10.4kmの観光道路である。

国道224号・溶岩道路から桜島の四合目、標高373mにある「湯之平展望所」へ向かうワインディングロード。
桜島の中腹へとアクセスできる道はコレぐらいしか無いのかな、林道っぽいのは北側にあるようだが・・・

走り始めると・・・ 快適そのもの♪

 

 

 

 

 

 

 

標高が上がるにつれて噴火口の様子が見え、その迫力に圧倒される・・・ ハズなのだが、雲が (-_-;)
桜島の火口へ向かって真っ直ぐ伸びるストレートなんて最高ジャン♡
コーナーを抜けた先には・・・ 桜島がど~ん! なんて場面もチョイチョイあるし♪

湯之平展望所

 

 

 

 

 

 

 

クルマでアクセスできる最高地点で、目の前に迫る北岳の荒々しい山肌はもちろん、眼下には広がる溶岩原。
雲で隠れてしまっている山頂付近も拝みたかったな・・・

錦江湾越しに見る鹿児島市街や

 

 

 

 

 

 

 

天気が良ければ遠望できる開聞岳など、絶景が広がるビュースポットだ。
今日はエライ風が強くて寒いほどだったが・・・

夕方以降は特にオススメで、赤く染まった桜島の山肌と海の向こうへ沈む夕日は必見! らしい・・・
そして、マジックアワーの訪れとともに鹿児島市街地に明かりが灯りだす・・・

さて、桜島赤生原町へと下りていく。
下りていく途中でも時折視界が開け、錦江湾越しの鹿児島市街が遠望できるゾ♪

 

県道26号線にて海岸線を走る。
まぁ、それなりの海岸線だが、足を止めて景色を堪能・・・ ってな場面はあまりナイかな。

桜島の東側まで来ると「昭和溶岩地帯展望台」がある。

2006年以降、活発に噴火を続ける「昭和火口」を望む展望台。
黒神ビュースポットとも呼ばれ、周辺は昭和噴火(1946年)の際に溶岩が流れた場所でもあり、殺伐とした景色が広がる。

溶岩道路を走り始めてからここまで、所々というか、いたる所に退避壕が立っている。

今なお火山活動が続く桜島。多い時では月に200回を超える噴火があり、鹿児島県民にとって噴火は日常のことであるという。
噴火時に噴石などの噴出物から身を守るためのシェルターだ。

黒神埋没鳥居

1914年(大正3年)の大爆発によって、完全な島だった桜島と大隅半島が陸続きになったが、その際に埋もれてしまった鳥居。
高さ3mもあった腹五社神社(黒神神社)の鳥居が笠木だけ残して埋没し、人の背丈以下になっている。
その時の噴火では1ヶ月にわたって計30億トン以上もの溶岩が噴出し、神社のあった黒神村・全687戸も同時に埋もれてしまった。

桜島を一周し、国道220号線にて北上、いよいよ大隅半島も残りわずかとなる。
海岸線はまあまあキレイでドライブコースとしても十分楽しめる。

海岸線を走りながらもチョイチョイ見え隠れする桜島。

チョットぐらい頭を見せてくれればいいのに、最後まで雲を被ったまま・・・
やっぱり全貌を拝みたかったな・・・

霧島市より東九州自動車道・国分IC~九州自動車道~ にて

19:30 帰宅  走行距離

関連記事

  1. 合掌大橋
  2. 白山スーパー林道
  3. 車山高原
  4. 霧ヶ峰 富士見台
  5. 毛無峠

    2013.10.14

    万座道路

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおく」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走りがい」のあるコースを設定していたのだが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&走りがいある道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるのかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m
yoshiboh

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 1,808,318 アクセス

最近のコメント

アーカイブ

さあ出掛けよう!