日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

但馬コースタルロード&天空の城

今回のドライブ・ツーリングは、「但馬コースタル」へ。

前日夜、Yちゃんと「松坂牛 もつ鍋」を囲み、「熊本産 馬刺し」や「博多産 どっ辛明太子」を食べながら談笑中。
「お前、明後日の勤務は?」  「休みだよ」
「なら、明日の帰宅は遅くなってもいいわけだ。竹田城跡に行くか?」  「行こう!」
・・・午前1:00の出来事・・・

「竹田城跡」と言えば、雲海! 天気予報を調べ、夜明け前には到着したいところだ・・・
ルートは? 所要時間は? ・・・って、寝とる時間無いやん!!
下調べもそこそこに、、そそくさと身支度し午前2:30出発。

国道1号線から亀山市より名阪国道へ。
走っているのはトラックばっかり!
天理IC手前の桜峠!?下りで、トラックにしては中々のペースで走る奴が1台。
進路を譲る気配がまったくないので、左コーナーでインからスパーンと抜いていく♪
名阪国道で唯一楽しみなのはここだけ・・・

奈良県天理市より大阪府松原市までは西名阪自動車道。
こんなの走っていてもちっとも面白くない。

松原JCTからは阪神高速14号松原線~環状線~3号神戸線へとつなぐ。
阪神高速のオービスの多さといったら、もう感心するほど。
レーダー探知機をセットしているのだが、アナウンスのおネーちゃんは喋りっぱなし!
お茶でも飲ませたいぐらい・・・
時間帯のせいか灯りはほとんど無く、夜景と言えるほどのものでもないし。

名谷JCTから第二神明道路、明石西ICより加古川バイパス、姫路JCTより姫路バイパスへ。
ここまでは、九州・福岡への帰省時にいつも使うルートで目新しさはない。
いつもの景色だ。

ー山陰道ー

姫路バイパスを途中で降り、国道312号線へ。
とりあえず、コンビニに立ち寄りオシッコ&コーヒー。

途中、国道2号線を一部走りながら、播但連絡有料道路と並走しながら北上する。
福崎町辺りまでは信号もボチボチあって快適ではないが、そこから先はボチボチのドライブコース。
だが、まだ夜は明けていないので景色は全く分からない。
「川沿いを走っているな」というのは分かるのだが、何も見えない・・・

いよいよ朝来市へ突入!したのだが、目安となる播但線 竹田駅がなかなか出てこない。
途中、道の駅「あさご」にて小休止後、さらに北上。
やっと出てきた「竹田城跡」の案内表示。
しかし、事前に知ってはいたが、12月21日~3月8日までは竹田城跡すぐ下の駐車場までは入れなくなっていて、「山城の郷」駐車場から約2100mの徒歩となる。

 

竹田城跡

夜が明けていく中をボチボチと歩き出すと、結構遠い所にそれっぽい輪郭が見えるが、
「あそこまで歩いたら2kmじゃ済まんやろう、アレちゃうで・・・」と言いながら、エッチらホッチらと歩く。
でも結局はそれだったのだが・・・(-_-)

途中、開けた場所があり、朝靄の中全貌を初めて目にする「天空の城
「お~♪ なんか雰囲気あるな~」
竹田城跡
だが、普段なら来れるはずの駐車場からさらに「大手門」まで700mの看板が!(+_+)

そしてついに大手門から城内へ竹田城跡

 

 

 

 

南千畳からの景色
竹田城跡
竹田城跡周りの山々にはいい感じの朝霧があるのだが・・・

 

 

 

 

 

 

本丸
竹田城跡
天守閣竹田城跡

 

 

 

 

 

 

 

北千畳
竹田城跡
竹田城跡

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも言えない絶景にしばし見惚れる・・・
葉っぱの無い木は、どうも桜のようだ。
地面が白っぽいのは、霜が降りていて霜柱が立っていた為で、雪も所々に残っている・・・

 

そして、一旦はそのまま次の目的地へ向かいかけたのだが・・・
まだまだ残る朝霧の中、ビュースポットを探してあちこちを探索。
県道136号線沿いから
竹田城跡
竹田城跡
城跡部分だけを

 

 

 

 

 

 

 

県道277号線沿いから
竹田城跡

ちなみに、時期とタイミングと場所によってはこんな景色が拝める。  他人の写真ですが・・・
竹田城跡
竹田城跡
スゴイ ・・・

 

 

 

 

 

 

マチュ・ピチュじゃん!
いや~ 素晴らしい! 四季折々の表情も観てみたいし、雲海シーンを追いかけてみたい!!

 

さあ、この後は日本海を目指し、国道312号線をさらに北上する。
途中、一部国道9号線を走りつつ、但馬牛でも食おうかということで、道の駅「但馬楽座」へと滑り込む。

「さて、ステーキでも食うべ」 とメニューを・・・ フィレ130g or ロース150gで¥6000!!!
「焼肉定食にしよっと♪」
但馬牛 但馬牛

  但馬牛を満喫!?した後は、丸山川に沿っての快適コースをひた走る。
快適なはずなのだが交通量が多く、所々で市街地も走らされ、ちっとも快適ではない・・・
「城崎温泉」まであと少し、という所まで来ているのだが、周りは山ばかりで
「本当にこの先に日本海があるのか?」的な風景が続く。

豊岡市内で「城崎温泉」の案内標識に従い県道3号へ。
こちらの方が相変わらずの丸山川沿いで、国道312号線の続きを走ってる感じだ。
冬の日本海と言えば・・・ そう、「かに」を売る店が海に近づくにつれ増えてくる。
「城崎温泉」街を横目に少し走ると、「城崎マリンワールド」前を境に県道3号は11号線となり、いよいよ但馬コースタルロードの始まりだ。

 

但馬コースタルロード

但馬コースタルロードは、城崎マリンワールド付近から香住町に至る、延長約30数kmのドライブウェイだが、正確な数値は・・・?
日和山温泉から佐津までの約10kmは、かつて「但馬海岸道路」という有料道路だった。
道路が出来るまでは、徒歩と船しか交通手段がなく、「陸の孤島」と呼ばれていたらしい。

だが、この道でいいのか!?的な雰囲気の中を走っていたら、いきなりヘアピンの先に開けました!
但馬コースタルロード
しかし、この後しばらくはやはり海が見えない・・・

海岸沿いに出たすぐの竹野町田久日は、ほんの小さな入り江の波打ち際から数十メートルの所に集落が!
なんでこんな所に住んでんだ!?
波打ち際からすぐ後ろには、縦長に数十件の家並みがある!
家屋は、ほとんどが木造だ(そりゃそうだろ・・・)

ここから先は、素晴らしいオーシャンビューが!
と、曇っていた空からいきなり雨が降り出した! ・・・と思ったら ”あられ”に変わる!!
寒い中、ダウンジャケットに包まり数枚の写真を撮る。
但馬コースタルロード
但馬コースタルロード

 

 

 

 

 

 

 

 

この後どうすんべ・・・
せっかく来たのだが、これでは先へ進んでもしょうがない気もする。
またの機会にして、今日は帰るか・・・ と思いつつもゆっくりと愛車を走らせる。

・・・ と、さすがは晴れ男! さらにYちゃん曰く、「あたしも晴れ女だよ」
そうなれば怖いものはない、天気はみるみる回復していき、晴れ間が覗いてきた!
但馬コースタルロード
但馬コースタルロード

 

 

 

 

 

 

 

 

断崖絶壁や砂浜や波打ち際の奇岩など、変化に富んだ絶景ロードが続く。
但馬コースタルロード
但馬コースタルロード

 

 

 

 

 

 

 

 

道路状況は、雪も多そうな地域の割には悪くない。
小さな砂浜には海水浴場、ちょっとした入り江には集落が点在する。
但馬コースタルロード
但馬コースタルロード

 

 

 

 

 

 

 

 

途中にはこんな奇岩も♪
但馬コースタルロード
これはどう見ても”カエル”でしょ!?

こんな絶景ロードが香住町まで続く。
香住町はちょっとした街並みで、”市”と呼んでもいいぐらいの規模だ。

いやあ、これは太平洋沿岸では観られない日本海ならではの風景だろう。
しかも冬場の荒々しい、”いかにも日本海!”という感じが何とも言えない。
夏は夏で、また違う”顔”を魅せてくれるのだろうが、冬場もおすすめですぞ(-。-)y-゜゜゜

一応、「但馬コースタルロード」はこの辺りまでということだが、ここまで来れば余部鉄橋は外せまい。
ということで、行きましたよ・・・ ところが!

 

余部鉄橋

アラララララ・・・ かの有名な余部鉄橋は取り壊され、新しい鉄橋(鉄橋ちゃうやん!)に鞍替え中・・・
余部鉄橋
余部鉄橋

 

 

 

 

 

 

 

 

展望ポイントに置かれていた時刻表を見ると、あと10分程で電車が通る!
ちなみに、1時間に1本程度しか走っていない・・・   キターーー
余部鉄橋
なんか雰囲気ないな・・・ でも、もう少し来るのが遅かったら鉄橋は見れずじまいだったわけだ。

余部鉄橋
余部鉄橋

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは、敢えて観光に来る客も減っていくことだろう。
古き良き時代がまたひとつ無くなった・・・

 

さて、あとは城崎温泉でひとっ風呂浴びて帰るとしよう。
基本的に、「同じ道は折り返さず、別の知らない道を走る」 が基本なのだが、ここは他に大した道は無いし、敢えて絶景ロードを往復することにする。

城崎マリンワールドが近づいた頃、1件の”カニ屋”が目に留まり寄ってみる。
で、松葉ガニ2杯分の足を値段に釣られて買ってしまったのだが・・・ 結果的には”大ハズレ”であった。
土産物を買うときは、できるだけ多くのお店を覗いて品定めすべし!
1件目で決めてしまうと、こういう事になる・・・(*_*)

ー城崎温泉ー

平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史をもつらしい。
泉質は食塩泉。
城崎温泉
城崎温泉
事前の下調べが何も無いので、駐車場のおっちゃんに聞いて一つの外湯を教えてもらう。
それが”鴻の湯”。城崎温泉 鴻の湯

 

内湯は無視して、いきなり露天風呂へ!
外は当然寒い! が、これがまた気持ちいい!!
入浴中に再び”あられ”が降ってきた。

中で身体を洗った後、再び露天へ
結局、1時間ほど入っていた・・・

 

クソ寒い中、汗だくになりながら小雨の降る帰路へ着く。
帰りは国道312号線の途中、和田山ICから播但連絡有料道路を利用。
姫路バイパスまで行ったら、後は来た道を引き返すだけ。
帰宅したら、”カニ”を肴にビールを煽りたいので、空腹をコンビニの”肉まん”でごまかしながら・・・
22:30帰宅。

走行距離810km

 

早速、買ってきた”カニ”でビールをぐびっ!
カニは決して「美味しい」とは言えなかったが、ビールはさすがに美味い!
なんでもいいけどYちゃん、手ばっかり動かしとらんと何か喋れよ・・・

関連記事

  1. 霧ヶ峰 富士見台
  2. パールロード

    2013.04.15

    パールロード
  3. 志賀草津道路

    2013.08.21

    志賀草津道路
  4. 富士山スカイライン
  5. 鳳来寺山パークウェイ

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおこう」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走り」がいのあるコースを設定していたはずが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 796,770 アクセス

アーカイブ