日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

山田の藤

九州の花の名所の一つ、熊本県玉名市「山田の藤」。

今年の”藤”一発目は、「山田の藤」へ行ってみることに。
九州自動車道・菊水ICで降り、県道16~国道208号線から「山田」の交差点を右折。
ほどなく「山田日吉神社」がお目見えする。

 

山田の藤

山田の藤は、熊本県玉名市山田1の山田日吉神社境内にある大藤である。

県の天然記念物にも指定されており、推定樹齢は200年以上とも言われる。
東西12m、南北10mの広さに枝を張り、大きいものでは1mを越える花房が薄紫色の花を咲かせる。

 

参道入口の鳥居より・・・

 

 

 

 

 

 

 

お~! なるほど、中央部がやや凸状になった珍しい!?藤棚だ。
飛行機を正面から見ているみたいでちょっとカッコいい ♪

藤棚の下から見上げる・・・

 

 

 

 

 

 

 

う~ん ♪ いい香りが辺り一面に広がっている ♡ この香り好っきゃな~ (^o^)
藤棚は、前半部分と後半部分との二段構えになっている。ちょっと隙間があるのが勿体ない!?

お堂や・・・

 

 

 

 

 

 

 

石塔などが多くあり、満開の藤とのコラボがおもしろい ♪
ってか、これ”シーサー”かと思った・・・ (-_-;)

拝殿側から・・・

 

 

 

 

 

 

 

鳥居の方に視線を向けるとこんな感じ ♪
もともとは19世紀初頭の文化年間に、地元の赤松久右衛門という人物が植栽をした藤がこのような見事な大藤に育ったのだとか。一時は花の勢いが衰えた時期もあったそうだが、地元の方々の手入れにより現在は歴史のある神社に似つかわしい威容を取り戻している。

拝殿近くには・・・

 

 

 

 

 

 

 

ツツジも咲いており、葉っぱの緑、そしてピンクと薄紫のコラボを楽しめる ♡
ってか、この時期ならではの”ハチ”が顔の周りを飛び回って鬱陶しい (-_-メ)
”怖い”とはまったく思わんが(スズメ蜂は別やで)・・・ ガキの頃は”アシナガ蜂によく刺されたもんだ ♪
そして刺された箇所にションベンぶっかけてた ♡ これは医学的にまったく根拠は無いらしいが・・・ (-_-;)

幹周りは・・・

 

 

 

 

 

 

 

地上60cmのところで約2.5mもあり、そこから東西に枝分かれして広い藤棚を形成している。
樹齢ウン百年ともなれば、さすがにぶっとい (*_*) 植物は長生きやなぁ~

拝殿」には・・・

 

 

 

 

 

 

 

大山咋神、西の相殿に白山比売神が祭られている。
集落内には延暦寺の末寺とされる山田山吉祥寺もあり、他にもお堂や石塔などが多くあって、一帯は玉名地方の天台宗の拠点的な地域であったと思われ、丘陵全体が「玉名の比叡山」と呼べるような状況であったようだ。

例年、開花の時期に合わせて藤のライトアップも行われる。
鬼滅の刃的には(見てないから知らないけど・・・)鬼が嫌がるお花だったの!?

 

関連記事

  1. 西公園・桜

    2014.03.28

    西公園
  2. 2018.03.30

    馬場の山桜

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおく」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走りがい」のあるコースを設定していたのだが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&走りがいある道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるのかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m
yoshiboh125

ブログ統計情報

  • 2,900,227 アクセス

アーカイブ

さあ出掛けよう!