日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

指宿スカイライン

今回のドライブ・ツーリングは、「指宿スカイライン」へ。
ついでに薩摩半島を一周しましょう♡

深夜1:00に出発し、都市高速~九州自動車道にて鹿児島北ICまで。
いつも思うのだが、深夜の移動に高速道路を使うのもどうかと・・・
そうは言っても、下道だと何時間掛かることやら。
今回だって睡眠時間は3時間にも満たないわけだし、しゃぁないわな(-_-;)

鹿児島北ICで降りてからは、国道3号線経由にて「城山公園展望台」を目指す。
当然、案内表示板があるものと思い、一生懸命目を凝らしながら進むが、どうやら行き過ぎている感が・・・
地図を見ると、やっぱりちょっと行き過ぎているよう・・・ 案内表示ちゃんとやって!(-_-メ)
グーグルマップを頼りに、5:00頃無事到着。
まだ薄暗いのに散歩に来ている人たちが結構いらっしゃる・・・ 多いよなぁ、早朝ウォーキング。

撮影準備をして、しばし夜明けを待つ・・・

市街地の中心部に位置する標高107mの小高い山で、樹齢約400年にもなる楠の木や、シダ・サンゴ樹など600種以上の温帯・亜熱帯性植物が自生する自然の宝庫である。
遊歩道も整備され、市民の憩いの場ともなっている。

さて、ぼちぼち明るくなってきたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

雲が多く、お天道様はくっきりとしたまん丸にはならないようだ。
今日は鹿児島のみ”曇りマーク付き”で、他の地域はほぼ快晴だったのだ(なら他に行けよ!)
桜島は噴煙を上げているようにも見えるが・・・

展望台からは桜島や錦江湾、鹿児島市街を一望でき、天気の良い日には遠く霧島や指宿の開聞岳も眺望できる。
また、夜景スポットとしても見応えあり・・・ とのこと。
城山は、西南戦争の最後の激戦地となったため、西郷洞窟や西郷終焉の地など、西南戦争にまつわる史跡が多く存在する。

この後、お日様が完全に顔を出したのだが、写真的にはイマイチの出来だったので載せない(^_^;)
それでは「指宿スカイライン」へと向かいますか♪

 

指宿スカイライン

指宿スカイラインは、鹿児島県鹿児島市田上から同県指宿市池田に至る、延長約50.7kmの有料道路である。
鹿児島県道として、全線が県道17号「指宿鹿児島インター線」に指定されている。
九州自動車道・鹿児島IC と接続して頴娃ICまで走るが、頴娃IC以降の無料区間も同様に「指宿スカイライン」と呼ばれ、池田湖付近に接続している。

鹿児島ICから谷山ICまでは片側2車線で整備された自動車専用道路で、景色もそれなり。
あくまで高速道路の延長でしかなく、交通量も多い。

だが、谷山IC以南は片側1車線となり交通量は激減、だんだん”スカイライン”っぽくなってくる。 ムフフ♪
まずは徐々に標高を上げていくが、景色を楽しむような区間はしばらくナシ(新緑眺めるだけでも十分だが)

標高を上げていく区間の割にはヘアピンが全然ないなぁ・・・
普通こういう所は断末魔のヘビのようにのたうち回っているものだが。
ヘアピンどころか2速で走るような低速コーナーがまったくないゾ! 別になくても構わんが♪

最初に現れる展望台が「錫山展望台

霞がかかってるのと逆光でまったく遠景が観えないが・・・
状況が良ければ鹿児島市内や桜島、錦江湾に対岸の大隅半島までを一望できる。
夜景スポットでもあるようだ。

この辺りから徐々に閉塞感!?はなくなっていき、ボチボチと開放感が出てくる。

道路の右側にも多少景観が拡がる場面が♪

 

 

 

 

 

 

 

美しい新緑に囲まれながら、のんびりと走らせる♪
ホントに交通量は少ない・・・

須々原展望台」より

ここもやはり、天気が良ければ鹿児島市内や桜島、錦江湾に対岸の大隅半島までを一望できる。
天気はいいっちゃけどなぁ・・・ 春霞か、またまたpm2.5やら黄砂やらなのか・・・ (-_-メ)
もちろん夜景スポットでもある。

そしてこの辺りからは稜線を走るようになり、適度なアップダウンを繰り返す。
景色を観ながらゆっくり走っているが、相変わらず低速コーナーがまったく無いハイスピードワインディング!

 

錦江台展望公園(スカイぱれっと)」より

 

 

 

 

 

 

 

吊橋を渡った先に展望所があり、周囲には遊歩道が整備されている。
同じく、鹿児島市内や桜島、錦江湾に対岸の大隅半島までを一望できるハズだが・・・
まだ霞んでるな(-_-;)
うっすらと”桜島”が観えているようだが、写真に写っているかな!?
ホントこの時期は特に視界が悪い日が多いよな・・・ ちきしょうめ(-_-メ)

遊歩道を歩いてみる。

今は新緑とツツジがとってもキレイ♡

 

 

 

 

 

 

 

園内は四季折々の花を楽しむことができるようだ。
売店もあるし、スカイラインにある唯一の公衆トイレがここだったハズ!?

スカイラインを挟んで反対側の景色もなかなか♪

こっち側のほうが視界がよろしいナ♡

 

相変わらず美しい新緑の中、快適なワインディングは続く♪

 

 

 

 

 

 

 

知覧展望台」より

樋高展望台」より

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、錦江湾に突き出た世界最大の原油備蓄基地のJX日鉱日石石油基地のタンク群などが見える。
う~ん、今回はブログに載せるのもハズいぐらいの情けない景色(写真)となってしまった。
もう少し時間を置いて霞が晴れるのを待つという選択肢もあるのだが、ワタクシが1ヶ所でじっとしていられるわけもなく、スカッとした写真はまたの機会に♪

もしかしたら、ここは午前中の早い時間に来るべきではないのかも!?
逆光で眩しいのはもちろん、朝は靄がかかっていたりするので景色がくっきりしない。
まぁ、時期にもよるだろうし気象条件にもよるだろうし、一概には言えないと思うが・・・
今回は、肝心の景色はほとんど見通せず・・・ むぅ(-_-メ)

それでもワインディングは最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頴娃ICで有料区間は終わり、ここから先は無料区間となるが路面状況に変化はなく、相変わらず霞んだ景色よりよっぽど素晴らしか。
上りでは片側2車線の区間もあり、長いストレートがやや多くなる感じ。

 

千貫平自然公園」より

 

 

 

 

 

 

 

標高577mの高原地帯に広がる自然公園で、霧島連山、開聞岳,さらには遠く硫黄島、竹島を望む大パノラマが楽しめる。
ここも遊歩道が整備されていて、のんびりと散策できる。
潅木が群生し、今ならツツジが咲いている・・・ んっ、けっこう萎れているものが多い!?
最近はこういった高原に行くと、やたら風車が出しゃばって景観を台無しにしているのはもうお約束!?

ここからはさらに高原道路の様相を醸し出し、ストレート部分も長くなってより開放的になっていく。

 

 

 

 

 

 

 

まだ霞んでる(-_-メ)

が、

時折見え隠れする反対側の景色とワインディングは文句なし!
交通量はウンと少なく、道端にクルマを停めて撮影していてもさほど気を遣う必要もないくらい。
路面状況は申し分なく、中~高速コーナー主体でヘアピンなんぞは1ケ所もなし!
本気で攻めようものなら平均速度は3桁になりそう・・・ (怖!)

段々と標高を下げていくと、やはり普通の山間道路となってしまうのは仕方あるまい。
南端は池田湖にほど近く、変則四差路で県道17号は28号線へと名称を変える。
ここが指宿スカイラインの終点となる。

景観が良いのは東側になるため、やっぱり午後からの訪れがおススメかも。

薩摩半島一周へ続く

関連記事

  1. 鈴鹿スカイライン
  2. 2017.06.09

    ミルクロード
  3. 鉢伏山林道
  4. 美ヶ原スカイライン

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおく」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走りがい」のあるコースを設定していたのだが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&走りがいある道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるのかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m
yoshiboh

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 1,260,050 アクセス

最近のコメント

アーカイブ

さあ出掛けよう!