日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

奥志賀林道

♦万座道路からの続き♦

今度は長野県側から、再び志賀草津道路を上って行く。
途中にいくつかの池があるのだが、道沿いから見える池を見る限り、やはり紅葉は今ひとつ。
蓮池付近から県道471号線へと向かう。

 

奥志賀林道

奥志賀林道は、長野県下高井郡山ノ内町大字平穏の蓮池地区から山ノ内町大字夜間瀬の奥志賀高原地区に至る、延長66.4kmのドライブウェイである。

しばらく行けば奥志賀高原を縫って走る快適ドライブコースとなる。
奥志賀高原紅葉祭りなるものをやっていたが、紅葉の度合いはというと・・・
奥志賀林道
奥志賀林道
ほんの一部だけ

 

 

 

 

 

 

それでも、そこそこ色づいていた。
奥志賀林道
奥志賀林道

 

 

 

 

 

 

 

奥志賀林道に戻って走り出す・・・ 黄葉は多いが紅葉は少ない。
奥志賀林道
奥志賀林道

 

 

 

 

 

 

 

奥志賀高原スキー場への分岐点から、県道502号線 奥志賀林道 元有料区間となる。
前半は雑魚川沿いでアップダウンの緩やかなコース。
道は前線通して1~1.5車線、文字通り林道だが路面状況は悪くない。
そのまま雑魚川沿いに走れば秋山郷~国道405号線へ。
秋山郷も素晴らしい紅葉の名所・・・ だと知ったのは帰って来てから(-_-;)
奥志賀林道
奥志賀林道こりゃキレイ♪

 

 

 

 

 

 

相変らず狭い道だが、時折キレイな紅葉に遭遇する。
奥志賀林道
奥志賀林道映えるな~

 

 

 

 

 

 

さすがに他の観光者もボチボチと・・・ 多くはないが。
奥志賀林道
奥志賀林道

 

 

 

 

 

 

 

今回はそのまま直進するが、途中に「カヤの平」があって寄っていくつもりだったのだが。
・・・なんの表示も無かったような(-_-;) 見落とした!?

中盤以降は山岳地帯となり、アップダウンもそれなりに。
奥志賀林道奥志賀林道
黄葉がメインに

 

 

 

 

 

 

ちょっと変わったやつも・・・
奥志賀林道
奥志賀林道紫葉?

 

 

 

 

 

 

 

後半は視界も開けて眺望もよくなってくる。
野沢温泉方向への分かれ道からも林道は続くのだが、奥志賀林道のおいしいところはこの辺までということで、皆さん野沢温泉へと下りていくようだ。

下りていくと・・・ こんな展望所も
奥志賀林道

さて、時刻は15:00をとうに回っている。
夕方ウロウロするのは得策ではない・・・ ということでお風呂タイム♪
野沢温泉で入浴のつもりだったのだが、近くに展望の良い入浴施設があるようなのでそちらへ向かう。

馬曲温泉 望郷の湯 
メジャーな温泉街より、マイナーな秘湯の方がなんか好き♪
馬曲温泉

お~、眺望は抜群!
お湯も熱過ぎず、ぬる過ぎずでいつまでも入っていられそう♪
洗い場など無しの、湯船だけの露天風呂、離れた所に内湯もあるのだが興味なし!
結局、2時間も湯船の中にいた・・・ お手手がシワシワになってる(-_-;)

さて、飯食って・・・ と、思ったのだがガソリンを入れなければ。
通常、GSは19~20:00には閉まってしまう、現在18:00だ。

走り出してすぐに異変が! なんと、運転席側の窓が閉まらなくなった!!
2/3程までは閉まるのだが、窓ガラスが斜めになった状態になっていて、ガリガリ音がして止まってしまう。
窓ガラスを支えている部分が水平?垂直?を維持できていないようだ。
ドアのレールに沿って上がってこない・・・

さて困った。車を離れることが出来なくなった。
風呂上がりだというのに寒いし・・・
窓半開きのままコンビニで素早く買い物だけ済ませ、後はひた走る。
途中で睡魔と目のショボショボ感を解消するべく一眠りするが、1時間で寒くて目が覚める。

高速を降りてから窓の昇降スイッチを触ってみると、3/4まで閉まるようになった。
高速走行での振動がうまい具合に働いたか!? でもここが限度。
下界は窓全開でもまったく寒くはないが・・・

明日調べてみるか・・・ などと思いながら
翌2:00帰宅

走行距離 980㎞

家に着き、あれやこれや触ってみたら何とかウィンドウは閉まった。
とりあえずは一安心。
翌日は台風で雨風が凄かった! やばかった~(-_-;)

関連記事

  1. 富士山スカイライン
  2. 川内峠
  3. 保津峡展望台
  4. 昇仙峡

    2013.11.07

    昇仙峡ライン
  5. 展海峰・夕日
  6. 秋吉台公園線

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおこう」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走り」がいのあるコースを設定していたはずが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 802,067 アクセス

アーカイブ