日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

やまなみハイウェイ

今回のドライブ・ツーリングは、「やまなみハイウェイ」へ。

下道を行くつもりで1:45頃出発したのだが、ざっと所要時間を計算してみると、夜明け前に着くのはビミョーな気が・・・ 10分ほど走った後、進路変更!
都市高速~九州自動車~大分自動車道・甘木ICまでワープする。

県道33号線で筑後川と交差したら、堤防沿いを上流に向かって走り国道386号へ。
夜明ダム沿いを少し走ったら橋を渡って国道210号線へ。
由布院までは60数キロ表示・・・ 下道でよかったな(-_-;)

いつもなら先行車をすぐにパスしていくのだが、のんびりと付いていく。
日田市から先は久大本線の鉄道が並走しており、クルーズトレイン「ななつ星in九州」の運行コースでもある。
以前にも走っているが、のんびりとした田園風景と山間部を縫って走るいいドライブコースだ。

九重IC付近を過ぎてしばらくすると勾配がややキツくなってくる。
ほどなく水分峠・・・ となる上りで前走車をパスした後、水温が上がってきた(-_-;)
路肩に寄せ、水温が下がってきた数分後にそ~っと走りだす。
水分峠から県道11号線に進路を変えればやまなみハイウェイとなる。

 

やまなみハイウェイ

やまなみハイウェイは、大分県由布市水分峠から熊本県阿蘇市一の宮地区に至る、全長約50kmのドライブウェイである。
元有料道路で、有料時は「別府阿蘇道路」と言われていた。

さて、やまなみハイウェイに入ってしばらく行くと、展望所がある。
まだ4:00過ぎだが、まずはここで由布院の朝霧と由布岳からの朝日をを拝もう。
蛇越展望所
蛇越展望所
前日は雨だったし、狙い通り朝霧も出てくれた
蛇越展望所

 

 

 

 

 

 

 

ここは由布岳と由布院の朝霧、それに朝日が望めるおすすめスポットだ。
この日も僕の他に3人のカメラマンが居たぞ。

ここで車の冷却水をテェックしてみると、300~400ccほど減っていた。
とりあえずペットボトルで用意していた水を注ぎ足しておく。

少し巻き戻して・・・
やまなみハイウェイ起点、水分峠からしばらくは、森林の中を走る普通の山道で勾配はさほどキツくはない。
ヘアピンはほとんど無く、いい感じのワインディングだ。
やまなみハイウェイ
時折、木々の隙間から由布岳が望めたりする程度だが、朝日台展望所付近まで来ると、景色が変わってくる。
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

朝日台展望所からの眺め
やまなみハイウェイ
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、いかにも高原道路ッて感じの景色が
やまなみハイウェイ
やまなみハイウェイやまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

そして、雄大なくじゅう連山が前方に!
長者原
やまなみハイウェイ
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

九州本土最高峰でもある中岳(1,791m)を含む、1,700m級の火山群・・・

朝日台展望所~長者原ビジターセンター付近までは、ゆる~いアップダウンの高原道路だったのだが、ここからは急勾配で牧の戸峠へ向かう。
朝日に照らされた朝露がキレイ
やまなみハイウェイ
この区間は、時折ヘアピンコーナーも出現する。
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

眼下の長者原付近には、モクモクと湧き上がる温泉の湯けむり
長者原
頂上付近は怪しい!?
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

さぞかし峠からの景色も素晴しかろう、もうちょっとや♪
あれれ、やっぱりガスが出てきたよ(-_-;)
やまなみハイウェイ

やまなみハイウェイ最高地点(標高1333m) 牧の戸峠付近は霧で真っ白!
試しに少し戻ってみると、標高を100mも下げないうちに晴れている。
そしてまた上ってみる・・・ 真っ白け!

仕方なく、峠はそのまま素通りして先へ。
少し下った所にある駐車スペースからは、久住高原~瀬の本高原や広大な牧場群が見渡せる。
牧ノ戸峠
どうも熊本側は厚い雲に覆われているようで、本来ならもっと素晴らしい景観だと思われるのだが・・・

勾配のキツイワインディングを・・・
やまなみハイウェイ
下りきったら国道442号線と交差し、右折で黒川温泉、左折で久住高原へ。
この辺りが大分県と熊本県の県境となる。
すすき

 

 

 

 

 

 

 

そのまま直進し、広い牧場が続く丘陵地、大草原の中を爽快な気分でのんびりと。
やまなみハイウェイ
雲が厚くて時折霧雨がパラつくのが残念
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

途中にはこんなものも・・・
やまなみハイウェイ
仔鹿

 

 

 

 

 

 

 

雄大な景色は更に続く・・・
やまなみハイウェイ
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

圧巻やな・・・ 日本じゃないみたい
やまなみハイウェイ
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

だんだん雲行きが怪しく・・・
やまなみハイウェイ

大観峰へ向かうミルクロードと交差するが今回はパスして、城山展望所へ。
この辺りは阿蘇外輪山になるのかな?
ここから見下ろす街並みは阿蘇カルデラということになる・・・ が、真っ白でな~んにも見えない(-_-;)

それにしても、ここまでの道程で路面状況に不満を覚えることは一度もなかった。
変なパッチや継ぎ目、凸凹に轍などはほとんど無かったと言っていいぐらい素晴らしい路面!
えらいぞ!!

さて、とりあえず先へ進むが、ここからは一気に標高を下げていくヘアピンの多い普通の峠道で、景色はたま~に視界が広がる程度。どうやら下界には田園風景が広がっているようだが・・・
下り切ってしまえば、あとはごく普通の田舎の風景で、おまけにしっかり雨が降っている。
やまなみハイウェイ終点となる国道57号線との交差点まで行ってからUターン。

 

再び城山展望所(標高748m)
本来なら正面に阿蘇五岳がそびえ、眼下に阿蘇市の街並みが広がるのを一望できるはずなのだが。
せっかくなので、ちょっと休憩がてら天気の回復を待ってみる。
蜘蛛の巣・水滴
ほんの少しだが、阿蘇五岳が顔を出した・・・
城山展望台

 

 

 

 

 

 

 

が、これ以上天気は良くなりそうもないので、またの機会に。

そして何度走っても素晴らしい大草原
やまなみハイウェイ
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

この辺は牧場にもなっている
やまなみハイウェイ
やまなみハイウェイ

 

 

 

 

 

 

 

ー旧小国街道ー

国道442号線と交差して右折、久住高原に向かう。
と、道路標示に「ぐるっとくじゅう周遊道路」と書いてある。
気になるところだが、今日は生憎の天気なので帰ってから調べてみて、改めて訪れることにしよう。
で、今日はくじゅう花公園まで行ってみるだけ・・・ その前に

久住高原スカイパークあざみ台ー
阿蘇くじゅう国立公園を一望する、標高1036mからの大パノラマ展望は日本一と絶賛されている!
阿蘇五岳とくじゅう連山の両方を望める! ・・・天気さえ良ければ・・・
あざみ台
あざみ台あざみ台

 

 

 

 

 

 

 

じぇんじぇん観えないよ(T_T)

そして晴れていれば素晴らしい景色であろう高原の中を走って、くじゅう花公園に。
季節ごとに約500種類、300万本の花が咲き乱れる。
着いたらまた小雨が・・・ しばらく車の中で待機し、とりあえず一旦雨が上がったところで傘を持って入場。
バラのピークは過ぎていて全体像はイマイチだった
バラ
バラ

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダーはまだ早いが、一部のやつだけ咲いてた
ラベンダー
くじゅう花公園

 

 

 

 

 

 

他にもいろいろ
くじゅう花公園
くじゅう花公園

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら名前はほとんど知らない(-_-;)
くじゅう花公園
くじゅう花公園

 


 

 

 

 

 

東京ドーム7個分の広大な花園!
天気が良ければ、バックにくじゅう連山を望みながらの壮大な花見となるようだが、今日はドーム3個分ぐらいしか歩いてない。
季節によってメインが変わるので、常に全体が花で覆われているわけではなさそう。

来た道を引き返し、再びやまなみハイウェイを牧の戸峠へ向かう。

 

ーやまなみハイウェイー

往路で駆け下りたワインディングを、前走車を抜き去りながら駆け上がると・・・ また水温上昇!(-_-;)
駐車スペースにて小休止後、冷却水テェック。
停止直後はリザーバータンクの量が増えていたのが、15分程経つとラジエター側に戻っていた。
ラジエターキャップはちゃんと仕事をしているようだ。
ラジエターキャップを開けるとやっぱり減っていて、朝方満タンにしたばっかりなのに250ccほど追加補充。
大丈夫かいな!?

牧の戸峠付近のガスは晴れていたが、くじゅう連山頂はまだ雲が掛かっている。
駐車場から約200mほど登れば展望台がある。
長者原方面
牧ノ戸峠
瀬の本方面
牧ノ戸峠久住山の登山口でもある
牧ノ戸峠

 

 

 

 

 

 

 

い~い景色なんだろうが、雲がジャマ・・・(T_T)

ここから一気に標高を下げ、長者原ビジターセンター裏手にある、
タデ原湿原
タデ原湿原
タデ原湿原

 

 

 

 

 

 

 

くじゅう連山北側(標高約1000m付近)に位置し、火山地形の扇状地にできた湿原で国内最大級の面積を持つ。
木道や遊歩道が整備されていてのんびり散策できる。
タデ原湿原
タデ原湿原

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、目の前の交差点を県道621号線へと進路を変え、左手に飯田高原を眺めながら県道40号線へ。
しばらく走ると見えてくるのが、

 

ー九重”夢”大吊橋ー

全長390m、高さ173m 歩行者専用吊り橋としては長さ、高さ共に日本一!
九重”夢”大吊り橋
九重”夢”大吊り橋

 

 

 

 

 

 

 

断崖絶壁の景勝地、九酔渓・鳴子川渓谷を眼下に望む
九重”夢”大吊り橋
上流には2つの滝が! 震動の滝といって、
こちらは雌滝
九重”夢”大吊り橋
こちらは雄滝
九重”夢”大吊り橋

 

 

 

 

 

 

 

水量次第で、間にもう一つ小さな滝が現れるらしい。

橋を渡って、向こう側から観たら・・・
九重”夢”大吊り橋
九重”夢”大吊り橋

 

 

 

 

 

 

 

紅葉の時期には、さらに絶景となるであろう。
是非また訪れてみたい♪

さてと、相変わらず天気はパッとしないし、夕暮れをどこかで観ようって感じでもない・・・
少し早いが帰路に就くとする。
で、県道40号線をそのまま進み、標高をボチボチ下げて行って、国道210号線に出た頃にはいい天気に(-_-;)
やっぱり山間部の天気は難しいな。

後は朝来た道を引き返し、「天気のいい日にまた来なアカンな♪」と思いつつ、
18:30帰宅

走行距離 410km

関連記事

  1. 大台ケ原ドライブウェイ
  2. 川内峠
  3. メルヘン街道
  4. 伊吹山ドライブウェイ
  5. 青山高原道路

    2012.10.15

    青山高原道路
  6. 展海峰・夕日

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおこう」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走り」がいのあるコースを設定していたはずが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 796,770 アクセス

アーカイブ