日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

曽木の滝・紅葉

九州の紅葉の名所の一つ、鹿児島県「曽木の滝」。

国道267号線から県道404号線へとアクセス、有名観光地だけにナンボでも看板出てる。
さて、着いたのは10:00頃だったが、駐車場はまだ空いていた。
東洋のナイアガラ「原尻の滝」へはすでに行ってみたが、さてコチラはどうかな!?

 

曽木の滝

曽木の滝は、鹿児島県伊佐市南部の川内川上流にある滝である。

一帯は自然公園となっており、四季の彩りも美しく桜や紅葉の季節にはイベントも開催される。
滝幅210m、高さ12mの壮大なスケールを誇り、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる。
”東洋のナイアガラ”って、「原尻の滝」と一緒やん! 他にも”ビクトリア”とか”イグアス”とかあるやろ!!

まずは駐車場からイチバン近い展望台より

 

 

 

 

 

 

 

おぉ~、なかなかいい感じやねぇ ♡ 思ったよりスケールはデカかった!
「曽木の滝」の全貌を見下ろす感じだが、う~ん、「原尻の滝」の方が”ナイアガラ”っぽいかな!?

さて、園内を散策してみましょ ♪

 

 

 

 

 

 

 

向かって左側の一角は「ナイアガラ」っぽくも見えるけど、人工的な匂いがプンプンしてなんかイヤ (-_-;)
ただ、水量が少ないので、多いときに来れば滝全体はもっと違った景色になりそう (^o^)

滝の下流にある展望台から

 

 

 

 

 

 

 

ここからだと滝全体を見渡す感じなのだが、角度的に見えない部分も多少あるのはしょうがないかな。
でも、”ナイアガラ”でも”イグアス”でもない独特の荒々しい雰囲気を持っているのはイイ! いや、好きだわ ♡
世界三大滝みたいにバッサリ切られた感じゃなく、ギザギザしてるからかな・・・ 幅も200m以上あるし。

園地内は黄葉と紅葉のオンパレード!

 

 

 

 

 

 

 

イチョウの色付きがえげつないくらいキレイ! モミジはちょっと負けてるゾ (-_-;)
清水神社の前にはご丁寧にハートのモニュメントが・・・ ”縁結びの神様”らしいけど。

滝とコラボさせたい紅葉は色付きがイマイチ・・・

 

 

 

 

 

 

 

滝の上流は川遊びが楽しめそうなフラットな地形。
この滝を昇ってくる鮎はさすがにいないかな!? あっ、下流にはダムがあるんだった・・・ (-_-;)

場所によっては、黄色と赤の完璧なコラボ!

 

 

 

 

 

 

 

紅葉スポットとしての”神社”とか”公園”はあまり興味ないんやけど、良い意味で期待を裏切られることも多い。
ここもそんなスポットの一つ。
「曽木の滝」にも当然訪れる予定はあったので、絶景と紅葉を一緒に楽しめたのは◎

この下流には鶴田ダムの完成と同時に水没してしまった「曽木発電所遺構」がある。
レンガ造りの「曽木水力発電所跡」がダム湖に残り、夏季には中世のお城を想わせる風貌で水面に姿を現すよ。

関連記事

  1. 2019.12.01

    覚苑寺・紅葉
  2. 2018.04.03

    一心行の大桜
  3. 2018.03.30

    馬場の山桜

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおく」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走りがい」のあるコースを設定していたのだが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&走りがいある道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるのかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m
yoshiboh125

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 2,037,628 アクセス

アーカイブ

さあ出掛けよう!