日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

ビーナスライン

ビーナスラインは、長野県茅野市本町から上田市武石上本入・美ヶ原高原美術館に至る、延長約76kmの観光道路である。
蓼科有料道路と霧ヶ峰有料道路を併せて呼ぶ愛称として1968年に公募で決定し、無料開放後も継続して使用されている。長野県企業局によって、有料道路として建設・運営されてきたが、1986年より順次無料開放され、2002年に全線無料開放された。

概要

本州のほぼ中央にある八ヶ岳中信高原国定公園の高原地帯を縫うように走る、日本でも有数のドライブルート。
全長76kmにも及ぶこの道路は7市町村にまたがり、茅野市内から八ヶ岳中信高原国定公園となっている高原一帯の観光地、蓼科高原、八ヶ岳山麓、白樺湖、緑と青空いっぱいの車山高原、霧ヶ峰、高山植物や湿原植物の宝庫である八島湿原を通り、天に近い美ヶ原高原を結ぶ快適な高原ハイウェイだ。
平均標高は1400m、最高地点の美ヶ原高原では1920mにもなる。

白樺湖周辺は、カフェやレストランが建ち並び、蓼科湖、女神湖でも、リゾート気分を味わえる。
車山から霧ヶ峰にかけて一気に標高を稼ぎ、八ヶ岳や富士山、御嶽山、南アルプス、中央アルプス、北アルプスといった雄大なパノラマを楽しめる見晴台も点在する。
約200種類にも及ぶ高山植物に出会えるのもビーナスラインの特徴である。

〈茅野市内~女神湖に寄り道して~白樺湖〉
茅野市内~蓼科は、一応”ビーナスライン”と謳っているだけで、ごく普通の生活道路である。
1度は走っておきたいが、2回目以降はすっ飛ばしてもヨシ。
蓼科湖 蓼科高原は蓼科湖を中心に蓼科山の南麓から八ヶ岳の西麓に広がる高級リゾート地だ。
蓼科湖畔にはマリーローランサン美術館や蓼科高原芸術の森・彫刻公園など、アート鑑賞出来るスポットも多い。

レジャーランドや温泉などの施設もあり、北八ヶ岳の山頂(標高2237m)まではロープウェイも利用でき、日本三大アルプスを展望することができる。

蓼科~女神湖に寄り道して~白樺湖は、森の中を走り抜ける感じが多く、たまに視界が広がるところも現れるが、景色を楽しむ区間とは言い難い。
蓼科付近は避暑地でもあるため、沿道沿いにも無数の別荘が点在している。
女の神展望台展望所としては唯一、女の神展望台があるだけだが、時折開けるところや展望台からは、八ヶ岳や南アルプスの広大な景色を眺めることができる。

だがこの区間の路面状況は、冬期のレジャー客の影響か決して良いとは言えず、「走り」を楽しめるようなコースではない。
(そもそも「走り」を楽しもうという気にもならないが)

白樺湖女神湖畔もちょっとしたリゾート地であり、やや神秘的な風情も感じられ、秋の紅葉は見応えもあるようだ。

そして白樺湖と言えば、周囲は一大リゾート地となっていてホテルや遊園地はもちろん、ゴルフ場やスキー場まで備える。
湖上での遊びもでき、日帰り温泉もあり。

 

〈白樺湖~霧の駅〉
ビーナスライン屈指の景色を堪能できるのがこの区間。
高原を縫って走るワインディングは、走って良し、景色良しのドライブ心をくすぐられるエリアだ。
ビーナスライン白樺湖から先は路面状況も良くなりドライビングそのものも楽しめるし、走りながら目に飛び込んでくるなだらかな稜線を描く高原の緑はこの上なく美しく、視界を遮るものもないので眺望も抜群である。

車山高原一帯を散策するのも良し、霧ヶ峰の主峰・車山山頂まで足を伸ばせば八ヶ岳連峰
さらに富士山、南・中央・北アルプスや浅間連山まで望める。

車山高原高原一帯には、春はレンゲツツジ、夏はニッコウキスゲが咲き乱れ、観光客の目を楽しませている。

が、当然この時期の週末などは大渋滞を覚悟しなければならないようだ。

眼下に望むペンションなどの施設もオシャレな建物が多く、景色に溶け込んでいて景観を壊していない。

車山~霧ヶ峰の中間付近にある、霧ヶ峰富士見台からの景色も圧巻である。
霧ヶ峰富士見台
八ヶ岳連峰や南・中央アルプスに御嶽山、
そして天気次第では富士山もくっきりと拝むことができる。

広めの駐車場があって、お土産が並ぶ売店もあるし、食事もできる。
道路を挟んだ丘の斜面には遊歩道も整備され、高山植物ウォッチングに訪れる人も多いようだ。

車山肩そして、車山肩付近の曲がりくねった道とのコラボがまた美しく、個人的にはいちばんのお気に入りポイントである。

やはり春にはレンゲツツジ、夏にはニッコウキスゲの群落が観光客の目を楽しませてくれている。

駐車場とレストランがあって、絶景を眺めながらの食事ができる。

〈霧の駅~美ヶ原高原〉
八島ヶ原湿原付近までは高原の延長って感じで視界が広がるのは左側だが、
和田峠付近からは山肌や山林の中、高原を入り混じりで走るようになり、視界が開けるのは右側に変わる。
三峰展望台八島ヶ原湿原に立ち寄ってのんびり散策するのもいいだろう。
400種類前後の亜高山植物が見られ、秋には草紅葉となる。

大展望台・三峰茶屋からの眺めも素晴らしく
車山、蓼科山、八ヶ岳はもちろん、
美ヶ原高原や、遠くには浅間山を望むことができる。
茶屋では天然きのこ汁や”おやき”も。

ビーナスライン落合から先はそれまでの景色とは一変して、ビーナスラインでイチバンの急勾配とつづら折れが待ち受ける。

普通の峠道となんら変わりない風景がしばらく続くが、ストレートなどほとんど無いため唯一ドライビングに集中できる区間か?

一気に標高を上げた後は、いよいよビーナスラインも終点となる。

美ヶ原高原・・・美ヶ原最高峰・王ヶ頭(2034m)を筆頭に、標高2000m付近に広がる一帯を「美ヶ原高原」と呼んでいる。
美ヶ原高原美術館美ヶ原高原美術館は、財団法人彫刻の森美術館が管理運営する日本で一番標高の高い屋外展示型美術館である。

2007年に、日本一標高の高い道の駅として登録された。

高原には牧場やトレッキングコースも整備されていて、王ヶ頭ホテルや山本小屋といった雲上の一軒宿もある。

美ヶ原高原高原からの眺望は当然のように素晴らしく、王ヶ頭や王ヶ鼻からは八ヶ岳や富士山、
南・中央・北アルプスなどを一望できる。

標高が高いこともあって空気が澄んでいるため、星景も素晴らしいようだ。

 

 

一部路面状況の悪い区間もあるが、ほぼ全線を通して快適なドライビングと絶景を楽しむことができる。
ただ走り抜けるだけならともかく、沿線の見どころを一つ一つ立ち寄って探索していたのでは、とても1日では時間が足りない。
大まかに3つのパートに分けて、メインで楽しむ区間を決めて行くのがベターだと思われる。
車山高原から八島ヶ原湿原にかけてのエリアには遊歩道が整備されていて、この一帯だけでも1日過ごすことができるほどだ。

人気のツーリングスポットとして必ず上位5本の指に入ってくる「ビーナスライン」
ぜひお出掛けしてみてほしい。

信州ビーナスラインNavi        ビーナスライン ドライブガイド
ビーナスライン-信州の旅.com     ビーナスライン-たびネット信州

住所・地図

長野県茅野市本町~上田市武石上本入・美ヶ原高原美術館

ビーナスライン案内図

利用案内
八島ヶ原湿原駐車場(霧ヶ峰と和田峠の中間部) から美ヶ原の区間は、概ね12月 -~4月の間冬季閉鎖される。
交通規制情報-下諏訪観光協会  交通規制情報-茅野市
交通規制情報 諏訪建設事務所 長野県Web site信州

 沿道案内

河童の湯
河童の湯  河童の湯

蓼科湖-蓼科観光協会               蓼科湖レジャーランド-蓼科観光協会
蓼科湖 蓼科湖レジャーランド

蓼科温泉-蓼科観光協会
蓼科温泉 蓼科温泉

北八ヶ岳ロープウェイ 
北八ヶ岳ロープウェイ 北八ヶ岳ロープウェイ

御泉水自然園                   御泉水自然園-蓼科白樺高原観光協会
御泉水自然園  御泉水自然園

女神湖                     女神湖-蓼科白樺高原観光協会
女神湖 女神湖

白樺湖                      白樺湖-たびネット信州
白樺湖  白樺湖

車山高原                    車山展望リフト
車山高原 車山高原

霧ヶ峰富士見台
霧ヶ峰富士見台 霧ヶ峰

霧の駅                     霧ヶ峰ビーナス
霧の駅 霧ヶ峰ビーナス

八島ヶ原湿原
八島ヶ原湿原 八島ヶ原湿原

三峰茶屋・大展望台
三峰展望台 三峰展望台 2_640

道の駅「美ヶ原高原美術館」
美ヶ原高原美術館 美ヶ原高原美術館

美ヶ原高原観光協議会              美ヶ原観光連盟公式サイト
美ヶ原高原  美ヶ原高原

  1. 瀬戸谷由香 2017.07.11 2:11am

    大好きな長野、山梨を最高の景色の中ドライブできるビーナスライン!

    金沢から松本へ、そして美ヶ原めざしてうきうきしながら曲がりくねった山道をもう何度走っただろう

    八島ヶ原湿原の野草に癒され、凛とした霧ヶ峰、そして車山を曲がる度に憧れの富士山が近づいてくる。

    また近いうちに、今度はぜひ星空を見上げに…

    • yoshiboh125 2017.07.11 7:34pm

      由香様、ビーナスラインは距離も長く、どんどん周りの景色が変化していく本当に走りごたえのあるコースですね。
      特に美ヶ原、霧ヶ峰、車山はホントに絶景を拝ませてくれます。
      ただ、この頃はまだスマホで撮っていたので、ちゃんとした!?カメラを買ってからはまだ私も訪れていません。
      ぜひじっくりと撮ってみたいですね♪
      ・・・あ、標高2000mからの星空もぜひ観たいですね♡

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおこう」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走り」がいのあるコースを設定していたはずが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 688,064 アクセス

最近のコメント

アーカイブ