日本絶景街道を走る!

Just another WordPress site

美ヶ原スカイライン&美ヶ原高原道路

♦高ボッチスカイライン&鉢伏高原スカイラインからの続き♦

高ボッチスカイラインを下り、国道20号線を少しだけ戻る。
(帰ってから知ったのだが、高ボッチスカイラインはピストンロードではなくて、高ボッチ温泉、崖の湯温泉、モータースポーツランド塩尻を経由するコースもあった) ・・・あらら、また行く理由が出来た♪

塩尻ICを過ぎた所で右折し、県道63号線へ。
市街地を避けるつもりで選んだルートだが、信号はほとんど無く、のどかな風景を楽しみながらの快適ドライブコースだった♪

と、山に上る前にガソリンを入れておかなければ。
G・Sは・・・ 有った! 閉まってる  有った! 閉まってる・・・
結局、松本市内まで4軒のG・Sが有ったのだが全店休業・・・
「稼ぎ時の日曜日に休むなや!」 ・・・仕方なく松本市街まで行って給油することに。

県道をつなぎ、浅間温泉から美鈴湖を経て、美ヶ原スカイラインに合流するつもりだったのだが、浅間温泉から先が工事中で通行止め!
オレの旅はやたら通行止めに出くわすな・・・(-_-;)
仕方なく、国道254号線へ向かう。

 

美ヶ原スカイライン

美ヶ原スカイラインは、長野県松本市三才山・美鈴湖から同町武石峠に至る、延長約11.5kmの元有料道路で、林道・美ヶ原線の通称である。

さて、美ヶ原スカイラインだが、国道254号線からの上り始めは路面状況が悪く快適とは言えない。
ビーナスラインの蓼科側からの上り始めとよく似た感じだ。
やはり急勾配でグングンと標高を上げていき、松本の街並みがどんどん遠ざかる。
「走り屋」も来ているようで、ドリフト痕も見受けられた。

と、その前に美鈴湖へも寄ってみたのだが・・・ 特にコメントなし。

時折、想定外のヘアピンが現れ、「お~とっとっ!」
路面状況は標高が上がるにつれ良くなっていく。
視界が開けるゾーンは少ないが、尾根付近を走るようになると一気に広がる。

紅葉にはちょっと早かったようで、「色付き始め」ってとこか。
でも、山肌や林の中を走っての感じだと、もう少しで絶景シーズン突入であろう。

武石峠で県道62号線とぶつかったところで美ヶ原スカイラインは終点なのだが、道なりに走るとそのまま王ケ頭付近まで行ける(行き止まりだが)

 

美ヶ原高原道路

美ヶ原高原道路は、松本市三才山・武石峠から同市大字入山辺・美ヶ原自然保護センターに至る、延長約5.3kmの県道62号・美ヶ原公園沖線の通称である。

この近辺には、武石峰、焼山などがあるが、この高原には名前は付いていないのかな?
・・・ と思っていたら、後日、この区間は美ヶ原高原道路という通称になったようだ。

せっかくなのでそのまま走ってみると・・・
美ヶ原スカイライン
さらに
美ヶ原スカイラインそして
美ヶ原スカイライン

 

 

 

 

 

 

 

絶景じゃん!

鉢伏高原スカイラインと一緒で、たった5km程度のコースだが、美ヶ原スカイラインよりもこっちの方が遥かに印象に残った。
是非、新緑の季節に来て緑の絨毯を観てみたい!

美ヶ原自然保護センターまで来ると王ヶ頭を目の前にして終点、来た道を引き返すが、
これまた”高ボッチスカイライン&鉢伏山スカイライン”に続く、穴場的なView Rordを発見!

って、皆もう知ってたりして・・・

美ヶ原スカイライン&美ヶ原高原道路の詳細

→ ♦ビーナスラインへ続く♦

関連記事

  1. 志賀草津道路

    2013.08.21

    志賀草津道路
  2. 千里浜なぎさドライブウェイ
  3. 展海峰・夕日
  4. メルヘン街道
  5. 生月島サンセットウェイ
  6. 奥琵琶湖パークウェイ

コメントをお待ちしております

サイトの紹介

本栖湖 富士山
「まだ見ぬ地に足を運んでおく」という趣旨で始まったドライブ・ツーリング。
「走りがい」のあるコースを設定していたのだが、思わぬ絶景に心を奪われ、いつしか「絶景&走りがいある道」がテーマに・・・
全国制覇がいつになるのかは分からないが、末永くお付き合いいただきたいm(__)m
yoshiboh

日本の素晴らしい景色

  1. 富士山スカイライン

ブログ統計情報

  • 1,370,116 アクセス

最近のコメント

アーカイブ

さあ出掛けよう!